理想のタイプだけど…あまりにも「趣味が合わない男性」との交際は可能?

発言小町に、「趣味の合わない男性との交際」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは30代女性。同じ30代で“穏やかで素敵な男性"と結婚相談所で知り合い、順調に2回デートを重ね、次回も約束をしているそうです。しかし、「話せば話すほど趣味が合わないことに気づいてきた」とか。彼の趣味であるテレビや動画鑑賞は「失礼ながらくだらないと思ってしまう」そうで、「こんなに違いすぎる彼とうまくやっていけるのか」「好意を持ってくれるだけでありがたいと思う一方、この人でいいのだろうかと思う気持ちがぬぐえません」とアドバイスを求めています。

迷いの正体は、「尊敬できない」気持ちかも


旅行やランニングが趣味で、ひとり旅を含め、海外経験も15か国以上というアクティブなトピ主さん。部屋にこもって休日を過ごすことはほぼないそうです。一方の彼ですが、休日は部屋で終日テレビを見るのが習慣で、海外経験もないとか。学生時代も、運動部でキャプテンをしつつアルバイトに精を出す日々を送っていたトピ主さんに対し、彼はサークルもバイトもせず、実家に直帰していた――。プライベートの過ごし方や趣味嗜好が、とにかく真逆のお二人のようです。

いろいろ出かけてアクティブに過ごす。休日をインドアでのんびり過ごす。両者とも、自分が好きでそうしているのでしょうし、価値観の違いであって、明確な優劣はないと言えるでしょう。ただ、相手の価値観が自分と違うときに、それを「理解できない」「くだらない」と思うか、「自分にないものを持っていて素敵だな」と思うかは様々です。トピ主さんは前者だったようですね。

休日を思いきり充実させているトピ主さんからすれば、彼は時間の無駄遣いをしているように思えたり、成長意欲や向上心がないように見えてしまったりするのかもしれません。彼に人格的魅力を感じているものの、どこか「尊敬できない」という思いがあり、それゆえに迷っているのかなと推測しました。

「どのくらい一緒に過ごしたいタイプか」を知ろう


結婚を見据えて知り合ったお二人。毎週、休日が来るたびに「彼の過ごし方はくだらない」と思ってしまう相手と結婚するのは、なかなか厳しいようにも思います。この点だけで考えるならば、自分と近しいアクティブな男性のほうが理解・共感はしあえるかもしれません。しかしながら、夫婦だからと言って“何もかも同じ"である必要はないのも、また事実です。毎日一緒にご飯を食べ、一緒に眠る家族として、あるいは子育てのパートナーとしてなど、どこかの部分を共有していればOK、趣味などはお互い好きにしている、という夫婦もたくさんいます。

考えてみるといいのは、トピ主さんや彼が「どのくらいの時間、相手と一緒にいたいタイプか」という点です。結婚したら、休日は一緒に出かけて、一緒にご飯を食べて、可能なかぎり連れ立って行動したい……というタイプの場合、お互いの趣味嗜好が違いすぎると苦痛に感じる瞬間も出てきそうです。

一方、結婚しても、「ひとり行動でも平気、お互いに好きに過ごせばいい」と考えるタイプの場合、趣味が違ってもまったく問題がない気もします。お互いが相手に対して「こちらに干渉せず、自由にさせてもらってありがたいな」と感謝を持てると、うまくいきやすいでしょう。(ただし、育児期間に限っては、こうしたスタイルの継続が一時的に難しくなる場合もあります)。あるいは、「常に一緒に過ごしたいタイプ」でも、片方の趣味に合わせるのが本気で楽しいと思えるならば、うまくやっていく道もあるでしょう。

彼は今までのデートで、トピ主さんの趣味に合わせてプランを立ててくれたそうですね。トピ主さんのアクティブさに惹かれていて、「一緒に行動できて楽しい」と思っているのかもしれません。今後もトピ主さんの好きな場所に、彼が億劫(おっくう)にならず付いてきてくれるのであれば、特に問題はないようにも思います。彼の意向を知りたければ、「もし結婚したら、休日はどんなふうに過ごしたいと思ってる?」と一度聞いてみてはいかがでしょうか。
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ