どうしても元カレが忘れられない! 元カレと今カレを比べてしまう時の対処法

元カレと今カレを比べるのはいけないと分かっていても、元カレに未練がある場合、ことあるごとに、今カレと比較して辛くなってしまうのではないかと思います。
「元カレならあんな風にしてくれたのになぁ……」
そう口に出すのを防ぐことはできても、ふとした時に感じてしまう気持ちは、止めることができませんよね。
不満を抱えたままズルズルと今カレと付き合い続けるのはお互いにとって良くないので、一度一人で今後の付き合い方を考えてみてください。

まずは徹底的に元カレと今カレを比較する


あなたが今辛いのは、やっちゃいけないと思っていることをやりそうになり、ブレーキをかけているからです。
本当は、元カレのことが忘れられなくて「今カレより良かったなぁ」と心で思っているのに、「そんな事を考えてしまう自分が嫌だし、考えないようにしないと……」と、自分の気持ちをセーブしているから辛いのです。
自分の心に蓋をした状態で、今カレと表面的にうまくやろうと取り繕うと、どんどん辛くなっていきます。
まずは、自分の心の声に素直になり、徹底的に元カレと今カレを比較してください。

恋人に最も求めているものは何かを考える


元カレと今カレを比較したら、今度は自分が恋人に“何を一番”求めているのかを考えてみてください。
なかなか絞りきれないと思いますが、必ず一つに絞ってくださいね。
人によって、お金、外見、仕事、話し方、笑いのツボ、フィーリング、匂い、倫理観、共通の趣味など、パートナーに求める第一条件は違うと思います。
あなたにとっての、最優先項目はなんでしょうか?
自分にとっての最優先項目が、元カレより今カレの方が良いなら、そのまま付き合い続けて大丈夫でしょう。たとえ他の項目で元カレの方が良かった点があっても、致命的にはならないはずです。
でも、もしそうでない場合は、今カレとそのまま付き合い続けるのは難しいかもしれません……。
例えば、本当は共通の趣味を楽しめる人が最優先項目なのに、年収や肩書きに釣られて全く違う趣味の今カレと付き合っている場合などです。
こういったケースだと、色々悩んだ末に、「やっぱり元カレが良かった」ということになりかねません。

理想を全て相手に求める前に、歩み寄る気持ちを大切に


自分と100%合う人なんて、まずいないですよね。
自分が最も大切だと思っている点さえ満足であれば、他の嫌なところは目をつぶるのがいいでしょう。
そうはいっても何かあるたびに元カレと比較しないというのは無理でしょうから、比べてしまうけど、まぁしょうがないかという感じで……。
それでも、どうしても沸々と不満が溜まってきてしまった場合は、そっと可愛く気持ちを伝えてみてください(あくまでも可愛く! ですよ(笑))。
もしかすると、元カレと比べて嫌だった点も、伝えてみると改善してくれることがあるかもしれません。
男の人って、恋人と言えどもエスパーではないし、残念ながら女子の「察してよ!」文化はあまり浸透していない様子……。
単に気がついていないだけのことも多いのではないかと思います。
気持ちは伝えないと、伝わりませんよね。
それに、相手に思っていることを素直に伝えるだけでも、案外気持ちはスッキリするかもしれませんよ。
(おーさか ちさと)
1

この記事を書いたライター

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡