え、奥さんいたの…!? 知らないうちに自分が浮気相手になってしまった時の対処法

今年に入ってから何かと世間を騒がせている浮気や不倫。大抵の女性が「奥さんのいる男と付き合うなんてバカじゃないの!」と思っているはず。しかし、もし彼が本命の恋人や妻の存在を隠していたとしたら……。知らず知らずのうちに自分が「実は彼の二番目だった」なんてこともあり得るかもしれません。そこで今回は「自分が彼の浮気相手だと知ってしまった時の対処法」について20代女性の意見を参考にまとめてみました。

1.冷静になる


・「独身だと思っていた彼には奥さんと子どもがいることが発覚。彼との結婚も視野に入れてお付き合いをしていた私は本当にショックでした。もう怒りや愛情や裏切られた憎しみで頭がパニックになってしまったのですが、友人に話を聞いてもらったりして何とか冷静さを取り戻しました。最終的には『こんな最低不倫男いらないわ!』と思って、自分から別れを切り出すことができました」(28歳/食品)

やはり冷静にならないと正しい選択はできません。彼が既婚者だった場合、下手な行動に出てしまうとどんどん自分の首を絞める結果になってしまいます。そうなってくると「奥さんがいるとは知らなかった」だけでは済まされなくなるでしょう。例え自分が冷静だと思っていたとしても、いざ本人を目の前にしたら色んな感情が込み上げてきてしまい、取り乱してしまうこともあります。それなのにパニック状態のまま彼と話をしても、何も物事は進みません。もし「自分が不倫、もしくは浮気相手である」という事実が発覚した場合は、彼との連絡も一時遮断するべきでしょう。まずは彼の気持ちを考えるのではなく、自分の感情を落ち着かせることを第一に持ってきましょう。

2.連絡先はすべて削除


・「元彼の浮気相手だったことがあります。それも5股されていたんです。でも本当にモテるしカッコいいし、話も面白い男で。彼が私を遊びの一人としか考えていないと分かっても、どうしても嫌いになれませんでした。でも『これじゃいつまで経っても幸せになれない!』と思い、彼の連絡先を全て削除しました。そうしたら自然と気持ちも吹っ切れるようになりました」(26歳/事務)

浮気相手を断つためには、まずは彼の存在を消していくところから始めましょう。彼の連絡先を削除してしまえば、自分から連絡を取ることはできません。ただ最近のSNSは忘れた頃に「知り合いかも」と彼の名前を表示してくることも。電話番号やアドレスを消すだけでなく、SNSでも抜かりなく彼をシャットアウトする必要がありそうです。

3.自分の価値を高めていく


・「私の知り合いは彼に浮気相手にされていたようなんですが『私が二番目? いやいや、マジありえないから! あの男何も分かってないな!』とバッサリ切り捨てていました。その方が女性としての価値も上がるし、本当に素敵な人と結婚できるような気がします」(29歳/営業)

彼が自分を“単なる浮気相手”としか思っていないことが分かった場合、ほとんどの女性が怒りの感情と共に「私なんかどうせ……」という負の感情が出てきてしまうでしょう。自分によっぽどの自信がない限り「何とかして略奪してやろう!」「レッツ・ポジティブ」とはならないはずです。でも当たり前ですが、浮気相手にされていたからといって自分に価値がないわけではありません。ここで自分を卑下していたら、それこそ「幸の薄い人間」になってしまいます。ただここで一つ注意したいのが「私は良い女だから必ず彼の一番になれるはず!」と妙な自信をつけるのはお門違いだということ。正しい方向で、自分を心から愛してくれる人を見つける。それこそが女性の最大の価値の高め方でしょう。

一つ言えることは「自分を浮気相手にするような男とは、いくら付き合っていても幸せな未来はやってこない」ということ。
最初は辛いかもしれませんが、浮気相手を自ら断つことによって「あの時こっちの道を選んで良かった」と心から思える日が来るはずですよ。
(和)
1

EDITOR

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事