人気モデルの着こなしから学ぶ! なりたいタイプ別ガウチョパンツコーデ♪

昨年からブームが続いている、すそが大きく開いたボトムス“ガウチョパンツ”。
先日開催されたガールズアワード(Girls Award 2016 Spring/Summer)のランウェイをチェックしてきたところ、この夏も相変わらずガウチョパンツは人気のもよう。
でも、流行っているのは知っているけど、「似合うか不安で、はいたことがない……」という人も少なくないはず。
そんな人でも取り入れられそうなワザを、ガールズアワードでひときわ目を惹いたコーディネートから分析してみました。  

ガールズアワードでも定番、ガウチョパンツ着こなしのキホン


素材提供:(c)Girls Award 2016 Spring/Summer
素材提供:(c)Girls Award 2016 Spring/Summer

まずは初心者さんでも失敗なしの、ガウチョパンツコーデのキホンを確認しましょう。
ボトムスがダボッとしている分、トップスは短めで、ウエストがキュッとしているものを選ぶのが良いバランス。
そして足もとは、ウエッジソールのサンダルなど、厚底のものが鉄板のよう。足長効果が期待できるのもポイント! パンツの裾が広く、足首も細く見せてくれるので、脚にコンプレックスがある人ほどチャレンジしてみたいアイテムです。

クールに決めるなら……ガウチョパンツ×ノースリーブ×スカーフ



あらゆるブランドのステージで目立っていたのが、ガウチョパンツにノースリーブとスカーフをあわせたコーデ。
ちょっぴりレトロで、上品なセクシーさを演出でき、まるでシネマ女優のよう!
デートにはもちろん、ちょっと気取ってみたい日にもぴったりです。

テレビでも大人気の藤田ニコルちゃんは、真っ赤なノースリーブニットに紺のガウチョパンツ、紺のバンダナという、シックで大胆なコーデを披露。パステルカラーのイメージが強い“にこるん”、いつもと違って大人っぽい中にも、遊び心が光るスタイルでした。

色っぽガーリーの最先端ブランド・RADYAZELのステージでは、新川優愛ちゃんが裾の透かしがかわいいライトブルーのガウチョパンツを穿きこなし。首もとにはグレーを基調にした暗めの色のスカーフを。お腹見せトップスも、さわやかな色づかいでエロすぎず、男子ウケがよさそうなコーデです。

EDITOR

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ