モテ期はこうして呼び込むべし!? 私がモテ始めたキッカケ6選

皆さんは「モテたい!」と思うことはありますか? 「できるだけ多くの人にモテたい」という人もいれば、「運命のひとりを探すために異性を魅了できる自分になりたい」と思っている人もいることでしょう。いつもいつでもモテてている人気者もいるものですが、多くの人の「モテ期」には多少の波があるのが普通です。何かをキッカケに急にモテ始めることもあれば、ある時期にはいまいちモテなくなることもある。その理由には、外見の変化、気持ちや内面の変化、年齢に応じた魅力など、いろいろあるかと思います。女性陣がモテ期を迎えたときのきっかけについて、意見を集めてみました。

1.体型や髪型、服装を変えた


まずは容姿面の変化から。体型面では「5キロ痩せておしゃれに目覚めてから」「10キロ減のダイエットが成功してから」という人もいれば、もともと細身な方からは「少し太ったとき」という逆の意見も。「髪をショートにした」「ゆるふわパーマにしてから」などヘアスタイルの変化や、「ギャル系ファッションをやめてから」「スカートを履くようにしてから」など服装面での変化がきっかけになったという人も。異性に人気の高い服を着るのもひとつの方法ですが、大切なのは似合うものを選ぶこと。できるだけ自分の中身やキャラクターに合った印象を見せたほうが、心からわかりあえ、長続きする相手には出会いやすいかもしれません。

2.笑顔と姿勢を心がけた


姿勢や笑顔などの心がけで変化が起きたという人も。「不機嫌に見えてしまう顔なので、いつも口角をあげて背筋を伸ばすよう意識し始めたら声をかけてもらうことが増えた」とのことでした。何も意識をしていないと、自分が思っているよりもムスっとした表情になっていたり、気がつけば猫背になっていたりすることって結構ありますよね。意識して口角をあげ腹筋に力を入れる習慣をつけるだけで、異性にも笑顔美人・姿勢美人に見られる機会は増えるかも!?

3.恋愛で頑張るのをやめた


「好かれようと頑張るのをやめたら、逆にモテ始めた」という意見もありました。「追いかける恋愛に疲れて、『私に会いたがってくれる人と会う』と決めてから、モテだした」「婚活がうまくいかないので結婚はもう諦め、好き勝手に楽しんでいたら、アプローチされることが増えた」など。『探すのをやめたとき 見つかることもよくある話で〜』なんて歌われる曲もありますが、いい恋愛を呼び込むのに一番大切なのは”自然体なこと”なのかも。知り合うきっかけを作ったり、縁をつないだりする努力は必要ですが、それ以上のことに関しては「頑張りすぎないこと」も重要なポイントなのかもしれません。

4.恋愛や男心の勉強をした


「女系家族に女子校出身で男子の生態がわかっておらず、学生時代の恋愛は今思うと逆のことばかりしていた。社会人になって大失恋をし、恋愛の勉強をし始めてから少しずつモテ始めました」という人もいました。「男性は皆こういうもの」と決めつけすぎてもまた別の問題が出てきそうですが、基本的な知識はある程度心得ておいたほうが、恋愛も引き寄せやすいのは確かなのかもしれません。

5.仕事が順風満帆な時期


また「仕事が波に乗っているときはお声がけをもらうことが多かった。出会いも多かったからでしょうか」という人も。仕事が順調だと人生への満足度が高くなり、人としてのオーラも磨かれますし、何かを頑張っている姿は性別問わず人を魅了することも多いもの。いろいろな人と知り合う機会も増えますよね。プライベートでの幸せを引き寄せるためにも、まずは自分のことを頑張ってみる……というのも一案です。

6.彼氏ができた、結婚した


「彼氏ができてからモテ始めた」「結婚してからのほうがモテる」という意見もありました。「女性は恋をすると綺麗になる」とよくいわれますが、恋愛面で満たされると魅力が増す女性はたしかに多いですよね。既に相手を確保していることで心に余裕があり、ガツガツしていないところも異性を惹きつける理由なのでしょう。「隣の芝生は青く見える」という心理は男女共通なのかもしれません。特定の相手ができてからモテてもあまり意味がないとは思いますが(笑)、魅力を認めてもらう分には、相手がいてもうれしいことには違いないですよね。

ダイエットやオシャレで変身をするには多少の時間や費用も必要ですが、髪型を変えたり、笑顔や姿勢に気をつけたりするくらいなら、明日からでも挑戦できそうですよね。恋愛に頑張りすぎている人はしばらくやめてみるもよし、男心がわからない人はいろいろと勉強してみるもよし。大切なのは、無駄になるかもしれなくても「今の自分を少し変えてみよう」と楽しんで挑戦してみる気持ちなのかもしれません。春はイメージチェンジにも最適な季節。恋愛したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡