今変わらなくちゃやばい! 23歳を過ぎたら変えるべきこと

「あの子、いい歳して……イタくない?」

以前は体力や見た目年齢に老化を感じる曲がり角が25歳だといわれていました。
ですが、汚染された空気にまみれ、ストレス度の高い生活をしている現在ではもっと早まり、23歳くらいで曲がり角が訪れるといわれています。
見た目年齢が老けると、世間からイタいと思われやすくなったり、それまでしていたメイクが似合わなくなってきたりと、つらい現実が訪れます。 
そこで今回は、23歳を過ぎたら変えるべきことをご紹介したいと思います。

言葉遣い編


・「自分のことを名前で呼ぶ同僚! 学生じゃないんだからって引きます」(IT関係/27歳)
自分のことをついつい名前で呼んでしまう女性って多いですよね。コレ、社会に出るとイタいと思われてしまう行為のワースト1です。名前呼びをするのは、彼氏の前だけにしましょう。

・「『すげぇ』とか『うめー!』を日常で使う女の子は絶対彼女にしたくないと思う!」(金融/26歳)
「すごいね」「美味しいね」と言ったほうが、断然好感度が上がります。また、この話し方を23歳を過ぎた女性が使うと、なんだか違和感を感じるとのこと。その違和感が痛々しく映るというわけですね。

・「『え〜? わからなぁ〜い』みたいな。知らない私、かわいいでしょ? な女性ですね。いい大人なんだから恥ずかしいと思いなさいよ! と思います」(アパレル/27歳)
いままでは「しょうがないな〜、かわいいやつ!」と思われていたであろう“わからない女子”。これも23歳を過ぎたら、ある程度常識のことはわかるようにしておかないと痛々しく見えます。本当にわからないことは聞いた方がいいですが、つねに努力して知識を身につける姿勢こそ、大人のかわいい女子になる第一歩なのです。

スキンケア編


お次は、スキンケアです。今すぐ変えるべき項目を3つ用意しました。

洗顔に注意!


スキンケアアイテムの中でもっとも肌に負担がかかるのはメイク落とし。オイルタイプよりもクリームタイプやジェルタイプを選んで、肌への負担を減らしましょう。23歳から、吹き出物のない肌や潤いのある肌になるカギをにぎっているのは洗顔です。

シミ予備軍に注意!


23歳を過ぎると、ポツポツと出てくるのがそばかすやしみ。さらに、25歳になり油断をすると大量に発生することに。なので、紫外線ケアと美白ケアは今すぐはじめて! 夏ばかりではなく、1年中行うようにしてくださいね。

睡眠時間を確保!


23歳を過ぎると夜遊びやオールに肌が耐えられなくなります。また、不規則な生活はホルモンバランスの乱れにもつながり、大人ニキビの原因にも。
美肌ホルモンである成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、睡眠時間を最低でも毎日6時間は確保するようにしましょう。質の良い睡眠は一番のエステになります。

メイク編


23歳を過ぎたら、アイメイクだけに気合いを入れてもかわいくはなれません。キーワードは、血色感とツヤです。

お疲れ顔にサヨナラ


ピンク系のコントロールカラーを使うだけで、お疲れ顔に一気に血色感を与えてくれます。さらに、ツヤ感のあるベージュのクリームシャドーを頬の高い位置にハイライト代わりに使うと、肌にツヤが出て元気に見えるのでオススメです。

ベージュリップに注意!


ベージュリップはかわいいですが、大人女子が使うと血色感がなくなり、清潔感もなく見えがちです。使うときはベースに血色感のあるリップを塗る、唇のしわを消して清潔感とツヤを出すなど工夫するようにしましょう。

今から始めるだけで周りとも差がつきます。みなさんもこれらのことに気をつけて、かわいい大人女子を目指してくださいね!
(YUE/プロップ・アイ)
1

EDITOR

YUE /プロップ・アイ
美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事