結婚を意識しない恋愛を楽しむコツ

恋とは「する」ものではなく「落ちる」もの……古い名言です。全くもってその通りなのですが、理想通りにはいかないもの。就職活動と一緒ですよ。ひと昔前は「活動」と、銘打つ必要はありませんでした。恋愛もしかり。

恋活と婚活は別物!


恋愛するために何らかの行動することを、いつの頃からか「恋活」と呼ぶようになりました。婚活に見立てた造語です。恋活と婚活って、似ているようで実は全くの別物です。恋活に特化した行動をとることで、恋活真っただ中だからこそ楽しめる恋愛をゲットしましょう。

“イケメンしか愛せない”でもええじゃないか!


まずは「妥協をしないこと」。婚活の場合、多かれ少なかれ「妥協」が必要になってきます。だったら恋活中くらいは妥協せず、自分の理想とする彼氏像をとことん追求するのもアリでしょう。わかりやすい例を挙げるなら容姿! もしあなたがイケメン好きだというなら、フツメンには目もくれずとことんイケメンにこだわるのもアリですよ。

非現実的な恋愛を楽しんでおこう!


次に「条件を気にしないこと」。婚活となると、職業や年収など、さまざまな条件面を気にしなければなりません。夢のない話に聞こえるかもしれませんが、現実とはそういうものです。結婚って実はものすごく現実的なものですからね。そう考えると、恋活中に条件を気にしない恋愛をおうかしておくべきかと。相手がフリーターだろうと、バンドマンだろうと、劇団員だろうと、極論ですが無職だろうと!

“好き”だけで突っ走ることができるのは恋活の特権


「好き」という恋愛感情だけで突っ走ることができるのは恋活期の特権です。「条件を気にしない恋愛」って通過儀礼のようなもの。通過儀礼とは、人間が生きていくうえで必ず通るステップを指します。条件を気にしない恋愛をきっちり楽しむことで、いずれ訪れるであろう婚活期、冷静に男性を見極めることができるのでしょう。

セックスも恋愛の一環!


最後に「きっちり避妊すること」。結婚を見据えた関係性の場合は、授かり婚もありでしょう。恋活は結婚を意識せず、純粋に「恋愛」を楽しむのが目的です。楽しむためには、望まぬ妊娠は絶対に避けねばなりません。きっちり避妊したうえで、セックスも恋愛の一環として大いに楽しみたいものですね。

もちろん、恋活から結婚へと展開する男女もたくさん存在します。結果オーライってやつですね。結果オーライな流れは確かにステキですが、まずは結婚を意識しない恋愛に的を絞って楽しむのも一興ですよ。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ