簡単ずぼら飯! お弁当や作り置きにも最適なハンバーグ&リメイクレシピ

ご飯を作るのが面倒くさい時などに、簡単ズボラハンバーグを多めに作っておくと楽ちんです♪
手順が多そうに感じるかもしれませんが、ハンバーグは意外とズボラな方法でも作れるし、別の料理にもリメイクしやすいのでおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

たまねぎはあまいろに炒めるのが一般的ですが、炒めずひき肉と混ぜて焼いてしまってもOK!
炒める時間と冷ます時間の短縮になるのと、たまねぎの食感がほんのり残りおいしく仕上がります。



ひき肉を形成する際、小さいミニハンバーグを作ったり、半分に切ったピーマンやパプリカなどに詰めればおかずのバリエーションも増えます。小さいものはお弁当用にもいいですね。

ハンバーグに合う簡単ソースも試してみてくださいね。
お家で食べる時は、ワンプレートでロコモコ丼にしてあげても、ボリューミーでバランスよく食べられます。


あまったハンバーグは冷蔵庫で2~3日ほどもち、また冷凍も可能。
お弁当に入れる際は保冷を忘れずにしてくださいね。
作りすぎて飽きてしまった時はハンバーグをそぼろ状につぶし、オムレツやミートソースにリメイクしてみてください。
パスタは水につけておけば、茹で時間が1分ですみますよ。
朝、パスタを水につけ冷蔵庫に入れておけば、お昼や夜に短時間の調理で食べることが可能です。
他にもドリアやロールキャベツなど、様々なリメイク料理に使えるハンバーグ。ずぼらさんこそ、ハンバーグ作りにトライしてみてくださいね。
(秋花)
1

EDITOR

秋花
イラストレーター・クリエイター 海底、女性、動物等がモチーフのイラストを描いています。アクセサリーやお菓子作り、ネイルなどの趣味を楽しんでいます

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事