ぶっちゃけ顔を見るだけで疲れる…男から敬遠されちゃう女子の特徴

「元気いっぱいでポジティブな女子はモテる!」と考えている女性はいませんか?
しかし今や“ポジティブ女子”は「正直ウザい」「ぶっちゃけ顔を見るだけで疲れる」「関わると色々と面倒」と男性から敬遠される傾向にあるよう。でもそれは一体なぜなのでしょうか?

1.一緒にいて心が休まらない


・「いつもポジティブでとことん楽しいを追求する彼女。俺が仕事で疲れて家にいたい時も『寝てたら時間がもったいない!』『早くどっか出掛けようよ~!』と言ってくる。どこか出掛ければそれなりに喜んでくれるから助かるんだけど、俺にだってたまには休みたい日もある。正直彼女といても心は休まりませんよね」(20代/運搬)

ポジティブ女子は基本的にアウトドア派が多いです。そして「一分たりとも時間を無駄にしたくない!」と考えています。そんな行動的な彼女を見ていると、男性はどっと疲れが増してくるよう。どちらかというと男性は彼女に“癒し”を求めています。
ポジティブさを前面に押し付けるのではなく、彼の心を察知してポジティブ加減を調整できるようになると良いかもしれません。

2.話が合わず、悩みを共感してもらえなそう


・「俺が仕事の悩みとかを愚痴ると『え~? そんな頭の中で色々考えていても仕方がなくない?』『それよりももっと楽しいこと考えようよ!』などと言ってくる彼女。そうやって考えられたら苦労しないし、そもそもこんなに悩んでいない。そういう些細な一言にデリカシーというものが感じられなくてイライラする」(20代/営業)

自分を励ましてくれるようなポジティブ女子なら大歓迎だけれども、人の悩みまでも「ポジティブ理論」で論破して来ようとする女子は苦手だという意見が。ここまでくるとポジティブではなく、彼にとってはただのウザい人でしかありません。
ただ「何事もポジティブに考える」というのはある意味間違っていないこと。だからこそ男性は「こんなことで悩んでいる自分が器の小さい男みたい」「小バカにされたようでなんか惨め」と劣等感を抱いてしまうのです。
基本的にポジティブだという女性も「彼はどうしてこんなに悩んでいるんだろう……」と考えてみるだけで、二人の関係は良い方向へと進むはずですよ。

みんなお疲れのこのご時世。彼女にするなら“ちょいネガティブ女子”が人気?


以前は全く話題に上がらなかった「ネガティブアイドル」や「根暗女子」がフォーカスされる時代。その理由として、現代には心が疲れている人が男女問わず溢れ返っていることが挙げられるでしょう。そして自分たちと同じように「ネガティブ」「根暗」を提唱しているアイドルが一生懸命歌ったり、バラエティ番組で活躍している姿を見て彼らは「俺も頑張らなきゃ!」「明日も生きよう」と勇気や元気をもらっているのです。これが「いつでも元気満々!」タイプのアイドルしかいなかったら、彼らは何の親近感を持たなかったと思います。
恋愛においても同じことが言えるでしょう。“ポジティブ女子”は自分とは生きてる世界が違うんだと感じ、男性は敬遠してしまいます。今の時代、少しネガティブくらいの女子のほうが万人受けするのです。
ただし「ガチすぎるネガティブ」も「この子に深入りしたら大変なことになりそう……」と男性は危機感を感じ、近寄ってきません。ほどほどに自分の弱さをさらけ出すくらいが、何事においてもちょうど良いのかもしれませんね。
(和)
1

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡