”何でも買ってあげる”のっていいこと? 貢ぎ体質な女子に対して男性が思うこと3選

好きな男性には、つい「何でも買ってあげたい」と思ってしまう女性もいるはず。もちろん誕生日など何かの節目にプレゼントをあげるのは素敵なこと。しかし彼に頻繁にお金を渡したり、高額なものをプレゼントすることはお互いにとって本当に良いことなのでしょうか?
そこで今回は「何でも買ってくれる女子」に対して男性がどのような感情を抱いているのかリサーチしてみました。

1.ラッキー


・「前付き合っていた子はこっちが何もしてあげなくても毎月記念日にプレゼントをくれるし、誕生日や長期休暇には旅行に連れて行ってくれた。ぶっちゃけそんなに可愛くもないし好きでもなかったけど、付き合っているといろいろとオイシイので手放せませんでした。結局俺の浮気がバレて別れたんですけど、彼女は『私がこんなにいろいろしてあげたのにどうして!』ってめちゃめちゃキレていました。まぁその子と結婚する予定もなかったし、ちょうど良かったかなと思います」(20代/接客)

2.俺もなんかしてあげなきゃ


・「同い年の彼女が新社会人になる年に俺は大学院に進学することに。もともと理系だったので大学院に進学することは決めていたのですが、働いている友人を見ると自分がすごく男としてダメなような気持ちになっていた。そんな時、彼女が差し入れとともに『別に気にしなくていいから! ○○君は勉強に集中して!』と言ってくれたんです。誕生日も俺がたいしたものをあげられないのを分かっていながら、ブランドの財布をプレゼントしてくれました。彼女の健気さを見て『あぁ……俺も働くようになったら何かしてあげたいな……』と心から感じていましたね。今はその彼女と結婚し、とても幸せな毎日を過ごしています」(30代/研究職)

3.ちょっと怖い……


・「大学生の頃に何でも買ってくれる年下の子と付き合っていたことがあります。俺が『最近時計が欲しいんだよね~』『原付買おうかなって思ってるんだよね』というと、本当に買ってくれるんです。どうやら家がお金持ちだったっぽいんですけど、家族ぐるみで俺が逃げないようにしていたみたいです。さすがに高価なものを貰うと恐怖を感じるし、なんか何事においても冗談通じなさそうだなって思いました。だって『欲しいな』っていうのはあくまでも買ってくれって意味じゃないし、それを大真面目にとらえるなんてちょっと普通の感覚ではないですよね。俺が喜ぶと思って『これ欲しかったんでしょ~!』と満面の笑みでプレゼントを渡してくる彼女をちょっと気持ち悪いなとも思いました。若干トラウマです」(30代/営業)


本当に好きな相手には男性も「何かしてあげなきゃ」という気持ちが働くようですが、そうでない場合はいくら彼に貢いでもマイナスにしかならないようです。
「いつの間にか彼にとって私はATMでしかなかった……」なんて事態は避けたいもの。
彼に貢ぐのもほどほどにしておきましょうね!
(和)
1

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ