「恋人に抱く不満」は主に2種類ある!? それぞれの対処法

せっかく恋人ができても、すぐに「不満」が募り、別れてしまうことが多い……なんて人はいませんか? どんなに好きでも他人と長く一緒にいれば色々と感じる部分もあるでしょうが、円満な関係を続けていくためにも、できるだけ不満は少なくしたいものですよね。恋人と不満少なく付き合うコツを分析してみました。

「恋愛ゆえの不満」と「人としての不満」の2種類がある!?


昨年行われたあるアンケートによれば(2015年11月カップル専用アプリ「Couples」調べ。3471人対象)、「パートナーに言えないけど、我慢していることはありますか?」という質問に「はい」と答えたのは、男性43%、女性49%。2人に1人は「恋人に不満アリ」という結果に。

具体的な内容を見てみると、(A)「恋愛ゆえの不満」(B)「人としての悩み」の2種類に分けられます。(A)は、たとえば「相手が忙しくて会えない」「もっと二人の時間がほしい」「ほんとは頻繁に会ってほしい」など”会う頻度”に関する意見や、「もっとLINEも電話もしたい」「遠距離で連絡が週1なのでもう少し増やして欲しい」「連絡頻度が高すぎる」など”連絡頻度”に関する意見。

さらに「他の男子とLINEしてほしくない」「他の男性と遊ぶのがあまり多いのはきつい」「自分以外の女子に親しくしすぎないでほしい」など”他の異性との関係”に関する不満、「もっと甘えてほしい」「全然気持ちを伝えてくれない」「愛情表現を言葉にしてくれなくなった」など“愛情表現”についての不満などが見られます。

性格的な理由もあるでしょうが、(A)の不満は、お互いの「興味関心度合い」や「愛情量」に差があることが原因であるケースも多々あります。こうした不満をあまりぶつけていると、さらに相手の愛情メーターが減っていき、悪い結果となってしまうことも少なくありません。相手のほうは今できる限りの愛情表現をしているつもりなのに、「自分が物足りないから、寂しいから、暇だから」と”それ以上”を求めてしまうのは考えものですよね……!?

イライラするときは、まず「私が彼への興味関心が強すぎるのかも」「ちょっと前のめりになりすぎているかな?」などと自分を省みて、「もう少し気楽に付き合っていこう」「気長に愛してみよう」などと考えてみるのがおすすめ。”現状満足”を心がけ、先に自分から一歩引いてみると、相手のほうから愛情表現を示してもらえることもあるでしょう。

人間性や生活習慣の不満は蓄積していく!?


続いて(B)の不満は、男女というより“人として”付き合っていく上での不満です。「すぐ機嫌が悪くなる」「自分の事しか考えていないこと」「もっと話を聞いてほしい」など相手の”人間性”に関する不満や、「できればもう少し家事を手伝ってほしい」「たばこを本当にやめてほしい」「ちょっと時間にルーズなところを直してほしい」「仕事で疲れてる時は寝かせてほしい」「もっとファッションを気にしてほしい」など“生活習慣”に関する不満など。

人間性や生活習慣の不満は、思いのほか蓄積をしやすいので要注意です。溜め込むくらいなら相手に伝えたほうがいい場合もありますが、その人の根本的な部分なので、本人が変わりたいと思ったところで、なかなか変えるのが難しいこともあります。あまり口うるさく言っていると、居心地の悪い関係になってしまい、最悪の場合、破局を迎えてしまうことも。(1)「そういう人なのだ」と良い意味で諦めて受け入れるか、あるいは(2)「長い目で見ていこう」と考え妥協案を探っていくか、どちらかのスタンスを決めておくのがベターかもしれません。

例えば、上記の「時間のルーズさ」が気になる場合、(1)相手を変えようとするのは諦め、待ち合わせ時間を工夫して自分にストレスが貯まらないようにするか、(2)「遅刻5回で1回おごり」などと決め、ゲーム感覚で気長に改善に取り組んでみる……といった方法があるかと思います。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事