失恋を引きずりすぎ! 彼氏いない歴がどんどん更新されてしまう女性の特徴

春は出会いの季節ですが、同時に別れの季節でもあります。
環境が変化することで付き合っている彼と今までのようにデートや連絡ができなくなり、だんだんと心が離れる場合もあるのです。

どちらかが新しい環境になった場合、GW明けあたりから、そのような状態になるカップルが多くなります。
恋人と別れてしまったときは、傷を癒すためにも次の恋に進むのがベストな手段。

しかし、現実はなかなかそれができず、彼氏いない歴が更新されていく……という人も結構いるのでは?

今回は、5,200件以上の恋愛・結婚相談を受けてきた恋愛コンサルタントの筆者が、失恋した後、彼氏いない歴がどんどん更新され続けてしまう女性のパターンを3つご紹介します。

1.元カレと目の前の男性を比較する


別れた後、女友達があなたに良かれと思って男性を紹介してくれたり、合コンに誘ってくれるということもあるでしょう。
恋の傷は新しい恋で癒すのが最適ですので、新しい出会いはどんどん増やすべき。お誘いは何でも行きましょう!

ただし、新しい男性と元カレを比較してしまうのはNG。
食事をしているときなどに「元カレだったら、ここでこんなツッコミを入れてくれたのに……」などと考えてしまうと、目の前の男性のいいところが見えなくなってしまうもの。

それでなくても思い出は美化されるものですから、現実の新しい男性より頭の中の元カレの方が良いイメージになってしまうのです。

元カレのことを全く考えるなとは言いませんが、他の男性と出会うチャンスがあったら、できる限りその人のいいところを見つけるように心がけてみましょう。

2.アイドルなどのイベントに行く


アイドルのイベントに行って楽しむのは、失恋の悲しみを忘れる手段になるでしょう。
県外まで遠征に行く人の話も伺いますが、旅行にイベントという楽しみがついているなんて、「ワクワクする以外に何があるの?」という気分でしょう。

とはいえ、恋愛をする暇がなくなるほど一生懸命になってしまうのは考えもの。

これも元カレの思い出と同じ。ステージの上のアイドルはいいところしか見せていないので、ハマりすぎると現実の男性の良さを感じにくくなってしまうのです。

3.元気を出すために「女子会」を頻繁に開く


失恋した直後は元気になりそうな方法なら何でも試してみましょう。
“女子会”もその1つで、失恋直後でセルフイメージが下がっている時に「○○ちゃんなら美人だし、次があるよ!」など、励まし合えることはとても大切。

しかし、それもやりすぎ注意。女性同士の共感は元気を出すのに最適ですが、やりすぎてしまうと「私のような価値の高い女性は、もっといい男が来てくれなきゃ!」と、せっかくのご縁をスルーしてしまうことがあるのです。
別れて3か月以上経過したら、“女子会 < 新しい出会い” にしていく方がいいでしょう。

新しい出会いを掴むためには、“自分を客観視したうえで肯定する”ことが何より大切。
今回挙げた3つはやりすぎると「自分を客観視」できなくなってしまうことなので、ほどほどにする方が次の恋が見つかりやすくなりますよ。
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡