ネガティブな情報でも、仲のいいカップルならかならず共有していること4選

世の中には親友ほど仲のいいカップルがいますが、「親友みたいに仲がいい」というと、決まって誰かが「親友とはエッチしないでしょ?」と茶々を入れたり……。

今回は「仲のいいカップルがかならず共有しているネガティブな情報」に迫ります。
彼ともっと仲良くなりたいとお考えの女子のみなさんは、以下にご紹介する「ヤバイ」情報を彼と共有してみてはいかがでしょうか。
さっそくみていきましょう!

1.お互いの借金の額


「わたしたちのカップルは、お互いの借金の額を共有しています。わたしはエステなどのローンで100万円の借金があって、彼はなぜか400万円も借金があります(笑)。こういう情報って、カップルで笑い飛ばしながらうまく暮らしていくといいと思うんですよね」(29歳・生保)
ネット上の情報を見ていると、借金があると結婚できないみたいな情報が非常に多いわけですが、営業職の人や自分で会社をやっている人たちの話を聞くと、借金があるからなんなの? という考えの人だってたくさんいます。

2.リストラにあいそう


「リストラにあいそう……こういうことって、カップルで共有していますよ。だって仕事がなくなるとか、リストラにあうというのって、別に恥ずかしいことじゃないでしょう?」(28歳・IT)
リストラにあったことを妻に隠して、毎朝会社に行くふりをしている……こんな旦那さんだって世の中にはいるわけですが……。う~ん。「リストラされそう」という情報を共有しあって、リストラにあったら「おもろい! やっぱ首になったんや!」と笑い飛ばせる関係ってステキといえばステキですよね。
たいていの場合、人生における「事故」って「ハイ! 次に行ってみよう」というのが最良の答えですもんね。

3.両親とうまくいっていない情報


「わたしは自分の親とうまくいっていないことを、彼氏に伝えています。だって隠すことじゃないでしょう?」(24歳・建設)
自分の家庭のことって、正直に第三者に話すことで、どうにかなることもあるわけですから、正直に家庭のことを話すというのは、結果的にいいことなのかもしれません。
おそらく誰かに家庭の話をすることで、客観的に自分の生まれ育ちをとらえることができるようになるのでしょう。
以下も似たような話です。

4.いかに愚かな兄弟がいるか


「彼と結婚することになった場合、うちのダメダメな兄のことがもれなく彼にバレるので、わたしは先回りして、いかに兄が最悪な男なのかを、ちゃんと彼に語っています」(28歳・通信)
親族が多いと、たいていの場合「どうしようもない」親族がひとりくらいいるものですよね。非常に人間クサい、いいことではないかと思いますが。

いかがでしたか?
営業の世界では「いいづらいことを先に言う」という鉄則があるそうです。
いいづらいことをオブラートに包んで後回しにするから問題が起こるわけで、先に言ってしまうと「なんでもないこと」になる……こういうことのようです。
あるいは「正直さはカップルにおける最大の美徳」なのでしょう。
煮詰まっているカップルは、一度「どこまでパートナーに対して、自分は正直になれているのか」について振り返ってみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡