羽生結弦がお殿様に!? 超豪華キャスト、映画「殿、利息でござる!」

阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』が5月14日より全国公開となる。本作は、『武士の家計簿』の磯田道史氏の近著「無私の日本人」を『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』など、数々のヒット作を生み出す中村義洋監督が映画化。老若男女問わず、笑って泣けるエンターティメント時代劇として話題だが、他にも「とにかく主役クラスの俳優たちが続々出演しすぎ!」と注目を集めている。
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

ストーリー


いまから250年前の江戸中期、仙台藩・吉岡宿。主人公・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、金欠にあえぐ仙台藩のもと、自分が暮らす宿場町がさびれる一方の現状を「何とかしなくては。」と考えていた。ある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(瑛太)にこの件を相談すると斬新な答えが。それは、「藩に大金を貸し付け、利息を宿場町に払ってもらう」という何とも突飛なもの。しかし十三郎は「これしかない」と決意。周りを巻き込み、千両(=今の3億円)を集めようと奔走を始めるが……。
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

阿部サダヲほか、主役クラスの俳優たちが続々と


主人公の十三郎には、男女、そして年齢問わずファンの多い阿部サダヲ、その弟役に妻夫木聡、本作の鍵を握る茶師の役に瑛太、冷酷無比な藩の役人には松田龍平と、主役クラスの俳優たちがぞくぞくと名を連ねる。他にも、寺脇康文、ジャニーズJr.の重岡大毅、そして、『アオハライド』『黒崎くんの言いなりになんてならない』などに出演し、今最も注目されている若手俳優のひとり、千葉雄大が百姓たちを取りまとめる重要な役職を演じるなど、もはや女子にとっては、ザ・男祭的な(?)楽しみの尽きない作品になっているのだ。
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

役者たちの存在感


ただ、ただである。ネタバレではないので書いてしまうが、ストーリーを読んでお分かりの通り、お上VS町人たちの銭バトル、つまりは“ビンボー脱出”時代劇なので、当然、侍たちが馬で野原を駆けてみたり、迫真の殺陣シーンなど、イケメン俳優にとっても見せ場=いわゆる女子的にキュンとなる場面は、ない。それどころか、彼らのほとんどはひたすら地味に銭を集めている……(笑)。しかし、それであっても十分魅力的だ。「故郷を救いたい!」とひたすら奔走する十三郎演じる阿部サダヲの一途な瞳、時にコミカルな表情を見せながら胸の奥にアツい情熱を秘める茶師役の瑛太、どこまでも冷酷な役人なのだが、その演技がニクいくらい巧い松田龍平、またここには詳しく書けないが、弟役の妻夫木聡の生き様など、彼らの個性や演技力がぞんぶんに引き出された仕上がりになっている。また、名優、山崎努をはじめ、寺脇康文や西村雅彦、きたろうほか、存在感と実力を兼ね揃えた面々も名を連ねている。

お殿様役に、銀幕デビューの羽生結弦が登場!


そして、物語の終盤には嬉しいサプライズが。なんと、フィギュアスケーターの羽生結弦さんが仙台藩の殿様役で登場するのである。しかも、セリフは一言、ふた言ではない。その凛とした佇まいや美しいセリフ回しには、現場からも絶賛の声があふれていたとか。フィギュアの大会では色んな衣装を着る羽生さんも、さすがに今後、殿の格好で登場することはないはず(笑)。これはスクリーンでご覧になる価値アリ!

さいごに


色々書いてきたが、名もなき一庶民が、自らの全てを犠牲にして生まれ育った自分の土地を救おうと奔走するこの物語は、なんと実話なのだという。

女子的には、カッコいい俳優たちが一堂に会するお楽しみもあるが、何より胸を打たれるのは、彼らの男気、人としての想いや生き様だ。

彼と一緒に観て、時には登場人物たちの生き方について語り合うもよし、女子同士、ひとり、家族など様々なシチュエーションで楽しめる仕上がりになっている。
ザ・デートムービー!というテイストではないところも、逆に気になるアノ人を気軽に誘いやすいかも? 気になる方は公式サイトをチェックしてみて。
(mic)

「殿、利息でござる!」は5月14日よりロードショー。

この記事を書いたライター

mic(ミック)
ねこ女優・シネマスタイリスト。コラム執筆、TV・ラジオにて様々な映画を紹介。舞台挨拶や来日記者会見のMCも。一方、女優としてひとり芝居や映画出演も

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡