女として見てほしい! ただの友達や同僚から”異性”として見られるようになるには

前回の記事では、「男女の友情はアリか? ムリか?」というテーマについて取り上げた。
はじめは異性として見ていなくとも、どちらかの感情に変化が生まれ友達関係が継続できないこともある。

「これまでぜんぜん意識していなかった男性のことが気になりだした」「男友達や同僚などを好きになってしまいどうしたらいいのかわからない……」というのはいつの時代も女性の抱える悩みでもある。

今回は「男性がただの女友達や同僚を友人として見られなくなった瞬間」について調査してみた。「彼に女として意識して欲しい」「彼とはもう友達でいたくない」女性は必見である。

1.他の男が彼女をホメたとき


・「同じチームでプロジェクトを組んでいた同僚のA子は超勝ち気な女。女だてらにモノをハッキリ言うし、自分が信じた意見は絶対にひっこめない。仕事中『それは違うと思います!』って“ド正論”を言われてめちゃムカついたことも……。それが他の同僚の男友達に『何だよアイツ! ホント可愛くねえよなぁ!』って愚痴ったら、『そうか? A子って結構色気あるよ。俺はああいうタイプ好きだな』などと思いもよらぬひとことを返されて……。“他の男の目から見るとそうなのか……”って気づいて以来どうも意識しちゃってる」(20代・企画)

――結婚や出産など状況の変化で退職せねばならない女性とは違い、大半の男性は一生仕事を継続して生きていかねばならない。会社だとか組織に長く属する男性は“他人の評価”をけっこう気にするもの。特に「他の多数がそう言っている」と己の判断よりもそっちのほうに巻かれてしまうこともある。それが「彼の信頼している人間」や「上司」からの意見ならばなおさらだ。
つまり、さりげなく他人から「私をホメてもらうこと」を心がけ、それがあなたの気になっている男性当人の耳に入れば効果大といえよう。

2.一線を越えてしまったとき


・「俺には気の合う女の飲み友達がいる。なんといっても彼女は元同僚だし、仕事の不満や悩みも理解してくれるからある意味同性よりも気楽に飲める。これまで女だとか意識したことはなかったんだけど……ある日俺の仕事の昇進祝いを兼ねて“やったじゃん! 飲もうよ”と彼女に誘われ待ち合わせの飲み屋に行くとその彼女が仕事モードのスーツでなく女らしいワンピースを身につけていた! いつもと違う彼女にドギマギし、でもそれを悟られないよう大酒をくらってしまい、泥酔したはずみでなんと“一線”を越えてしまった……。翌朝正気にもどって焦りまくり『これは単なる事故みたいなものだよね、昨晩のことは忘れよう!!』ってことになったんだけど“アイツあの時けっこう可愛かったよなあ”なんてつい思い出しちゃって……。しかも向こうもまんざらじゃなかったみたいで、いま結局恋人っぽくなってます(笑)」(30代・金融)

――他にも「ついキスしてしまった」「手をつないで歩いてしまった」「冗談で抱き締めてしまった」などの“身体的接触”をキッカケに女友達を異性として見始めた……という男性が相当数いた。注目すべき点は、これらはほとんど「酒のうえでのアクシデント」「酔った勢い」であること、だ(笑)。
しかし、お酒を飲んだ時につい出てしまう言動こそ“本能”であり、本来望んでいたことが開放されてしまうこともある。
お酒は自分の背中を押してくれる起爆剤ともいえるし、恋愛に力を貸してくれるアイテムともいえるのだ。
裏を返せばシラフでは“事故”も起こりようがない……ということ(笑)。
必ずしもうまくゆくとは限らない“アルコール大作戦”だが、「彼の本性」「男の本能」を引き出すためにもまずは気になる彼と飲みにゆく回数を増やすべきである。
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡