結婚前に貯金ゼロ!? 貯金がない彼氏が主張するお金がない理由

結婚前に彼氏に貯金がないことが判明したとなっても「いつ泥棒に入られたの?」と聞く彼女は皆無だろうと思います。
けっ! こいつ貯金ゼロかよ……ほかの男と結婚しよ! とかなんとかと思う女子……意外と多いのではないでしょうか。
さて今回は「彼に貯金がないワケ」に迫ります。
貯金ゼロの男は、なぜ無一文なのか?
さっそくみていきましょう!

1.デートのときの支払いが男だから貯金などなくて当然である


「貯金ゼロの理由ですか? デート代をぼくが全額支払っているのだから貯金なんかしている暇がないです」(28歳・IT)
これは男の肩を持つようで恐縮ですが「まったくもって正しい理由」だろうと思います。
毎回毎回、デートのたびに彼氏が全額支払っていたら、若いサラリーマンのお給料では追いつかないでしょう。
以下も似たようなご意見です。

2.飲みに行くと男のほうがたくさん飲むから当然である


「飲み会があると男のほうがたくさん支払うことのほうが多いでしょう? それに男っていろいろ付き合いがあって、飲みに行く回数が女子よりも多いと思うんです。ま、男のほうがたくさんお酒を飲むから、いきおい貧乏になるんですよ」(31歳・広告)
酒代って意外とバカになりませんもんねえ。

3.そもそも稼ぎが少ないので貯金ゼロで当然である


「ぼくは30歳にして貯金ゼロです。そもそも稼ぎが少ないので、貯金がなくてもしかたがないと思っています」(30歳・介護士)
女子ならさしずめ幼稚園の先生だと、貯金ゼロでもしかたがないのかもしれません。昨今の保育士をめぐる報道を見ていると、そういう気がします。
ちなみに、保育士の資格があるけどキャバ嬢をしている女子というのは、取材をしていると偶然はといえ“よく”会います。

4.結婚したら賭け事を辞めるつもりで、今全力で遊んでいるから当然である


「ぼくは結婚したら賭け事を辞めるつもりで、今全力で遊んでいます。貯金なんかなくったってしかたがないと思っています」(28歳・通信)
ということだそうです。

いかがでしたか?
若い時って、貯金なんかなくったって別にいい。ある有名な作家はこう言います。
20代で稼いだお金は、自分が世の中を知るために使えばいい。
30代で稼いだお金は、ほんの少し貯金すればいい。
40代になると、貯めたお金を少し社会のために使えばいい。
という感じで話が続くのですが、まあ、20代で身銭を切って社会の成り立ちを学ぶということは、ホントに大切なことですから、貯金ゼロの彼氏に愛想を尽かすことなく、うまくやってみてはいかがでしょうか。
社会の成り立ちを20代のうちに身をもって学んでおかないと、あとからコストが高くつくんですヨ、ホントに。
(ひとみしょう)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡