男性から”こいつは無理!”と思われてしまう女性のアウトな日常

気になる男性から知らずしらずのうちに恋愛対象外にされていたらショックですよね。
でも女性のどんな行動が男性を遠ざけてしまうのでしょうか。
そこで今回は「男性から『こいつは無理!』と思われてしまう女性のアウトな日常」についてリサーチしてみました。

1.他人に迷惑をかけるほどガンガンにお酒を飲む


「メンバーが揃わず、合コンに女友達の友人が来てくれたことがあったんですが、その子がとりあえずヤバかった。最初は『大人しめの子だなぁ~』なんて思っていたんですが、お酒を飲んだら態度が豹変。大声で下ネタを連発しだし、男性陣の服装にまでケチをつけだした。みんなが『○○ちゃんもう飲むのやめときなよ……』とたしなめても言うことを聞かず、結局ベロベロに酔っぱらったその子をみんなでタクシーまで運びました。男性陣はもちろんドン引き、最悪な合コンでした……」(20代/女性)

お酒をよく飲む・お酒に強いというのは問題ないですが、人に迷惑をかけるまで平気で飲んでしまうというのは大問題。「お酒で失敗したことはない」という人でも、アルコールが入るとつい声が大きくなってしまう……なんてことはありませんか? もしかしたら大声で自分の話をあけっぴろげに話している姿に、男性もドン引きしてしまっているかも。

自分を見失うほどにお酒をガンガン飲むのはやめておきましょうね。

2.趣味が度を超えている


「あるバンドマンが好きな知り合いの女性がいるんですが、休みの日にライブに行くのはもちろん、暇さえあればそのバンドマンの家まで探しに行っている。しかも彼と同じ地で生活したいからといって、住んでいるところもバンドマンと同じ駅なんです。男としてはさすがに引いてしまうし、その執着心に恐怖を感じます」(20代/男性)

適度な趣味はストレス発散になって良いですが、それがあまりにも度を超えすぎてしまっていると「ちょっと無理かも……」「そんなに趣味が一番なら、なんか俺いらなくね?」と男性も近寄ってこなくなってしまいます。
もし「趣味を生活の第一優先に持っていきたい!」と考えるのであれば、共通の趣味を持った男性とのお付き合いを考えるようにしましょう。

3.「誰か紹介してよ」が口癖


「周りの男たちに『誰か良い人いないの?』『イケメン紹介してよ!』となりふり構わず言いまくっている女性は冷める。まず自分で彼氏見つけようとは思わないの? って感じだし、そんな薄っぺらい女性に自分の友達を紹介したくない。『紹介できる人なんていないよ』と遠回しに断っても『え~!?誰もいないの~?』『じゃあいい人見つかったら連絡して!』とかふざけたことを言ってくる。なんかもう他力本願すぎてイライラします」(30代/男性)

なんとも辛らつな意見……。出会いを求めている女性からすると「いくら頑張っても出会いがない……」「誰か紹介してくれたら嬉しいなぁ……」と軽いつもりで言っているのですが、男性からするとただ単にウザいだけになってしまうよう。むしろそれどころか「人を利用している感じが腹立つ」「人のことなんだと思ってるんだ」と男性をイライラさせてしまい、友人関係を破綻させてしまう恐れも。

もし友人の紹介を期待するのであれば、紹介してもらう男性の性格を分析したほうが良さそう。それか男友達からの紹介は諦めて、彼氏がいる女友達に「誰か紹介して!」と頼むようにしてみましょう。

一瞬でも「この女ダメかも……」と思われてしまうと、その男性から恋愛対象として見てもらうことは難しいといえるでしょう。まずは自分の日常を見直してみましょう。意外と「自分結構やっちゃってるなぁ……」なんていう「アウトな日常」が出てくるかもしれませんよ。
(和)
1

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡