恋愛上手な女子がやってる おいしい思いをするために男をうまく転がすコツ

関西弁ならさしずめ「あんたがそんなショボいプレゼントしかくれへんのやったら、わたしもう、あんたと別れるで」というのが、彼に対する脅しの文句かもしれません。
関東の女子なら黙って彼の目をじっと見つめつつ、心のなかで「今わたしが泣いたら、彼、もっとわたしにお金をくれるかな……金、くれ! 財布を開け!」と念じるみたいな脅しでしょうか。
いずれにせよ、男子は女子のかわいらしい(?)脅しに弱いようです。
今回は、恋愛上手な何人かの女子に、どんなことについて彼を脅せば、彼女としておいしい思いができるのか? についてお聞きしてきました。さっそくご紹介しましょう!

1.デートのプラン


「いつもわたしがデートのプランを考えていたのですが、いい加減めんどくさくなって、彼に『男がデートのプランを決めるのが普通でしょ? さっさと来週のデートプランを決めてLINEしてこい!』と脅しました。高級焼肉店でデートできました! ラッキー!」(27歳・役員秘書)
一般的に言って、相手を脅せばどっさりお金が降ってくるものです。

2.結婚に関するあれこれ?


「わたしは彼を脅して結婚しました。二浪して大学院を卒業しても、条件のいい仕事にありつけなかったので、なら結婚しちゃえ! と思ったんですが、彼に『今すぐわたしと結婚するか、別れるか、どっちかに決めてよ』と言いました。これも脅しですかね?」(30歳・主婦)
れっきとした脅しですよね(笑)。

3.仕事をば!


「わたしはフリーランスになった最初の半年間、仕事がまったく来ませんでした。だから、同じ業界にいた彼に『あたしに仕事まわせよ!』と脅しました。その結果、ごはんが食べられるほどの収入を確保することができました」(31歳・フリーライター)
フリーランスの女子って、妙にたくましい人が多いですよね……。

4.夜の営みに関するグッズや環境


「わたしの彼は、エッチに関することを口にするのが恥ずかしいと思っているのか、わたしから言わないとなにもしてくれません。だから『ネット通販で電マとか買ってきといて!』とか『今週のエッチは部屋を暗くしてくれないと無理』とか、そういう脅しみたいなことを彼に言います。どこのカップルもこういう感じではないのでしょうか?」(27歳・通信)
エッチに関することって、女子が脅しの精神でもって主導権を握ったほうが、なにかとうまくいくように思います。

いかがでしたか?
脅しという言葉の響きって、少々キツいものがあるのかもしれません。
でも、契約書にサインをしてもらうまで客の前で沈黙を守り通す営業マンのように、ある種の脅しがないと物事が先に進まないというのも事実でしょう。
彼を脅しまくって、おいしい恋愛からのおいしい結婚という成果を手にしてみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ