美人なのにモテない女子がついやってしまっているNGな振る舞い

「あ〜あんなに美人だったらモテモテだよね」

他人からはこんな風に見える女子でも、じつは恋愛がうまくいっていないことはしばしば。なぜ美人なのにモテないのでしょうか? 

そんな女子がついついやってしまっている振る舞いについて、みてみましょう!

1. 痴女


まずはこれ、自分の性を過剰に安売りすることです。たとえば、次のような特徴が当てはまる女子、周りにいませんか?

・狙っている男性がいたら、すぐにカラダを許してしまう
・過剰なボディタッチなど、自分発信のセックスアピールが過剰
・足や胸などの露出が激しい
・「セックスはスポーツ」的な発言を、恥ずかしげもなくしてしまう
・飲みの席で狙った男性に性的なアピールをしてしまう
・寂しいとだれかれ構わず電話をかけて、甘える

こういった特徴がある美人女子は要注意。本人は「遊んでいる」つもりでも、男性からすると「遊ばれる女」として扱われているんです。

2. ブランド重視


「ブランド重視」の女子も、美人なのにモテない傾向があります。モテないというよりも、「遊び相手」に終わってしまったり「本命」として扱われない、という方が正しいかもしれません。

ブランド重視とは、ただファッションのブランドというだけではありません。
・会社名
・職種
・学歴
・年収
・住んでいる場所

などさまざま。相手の男性の本質的なところを見ようとせず、こういったブランドに左右されがちな人は、美人なのに残念だと思われてしまうのです。

3. 意志がなく流されやすい


また、美人なのにモテない=見た目はキレイなのに魅力的に思われない、という人の特徴は、意志がなく流されやすいこと。

キレイな人だな、と最初は興味を持ってもらえても、デートを重ねるごとに「あれ? この子つまらないな」「もう次のデートはなしだな」と飽きられてしまうのです。

いい女でいようとするあまり、「夕食はなんでもいいよ」「全部似合うと思うよ」「どれを着てもカッコイイと思うよ」、と男性に同調してばかりいると、相手は会う回数を重ねるごとにガッカリしていくもの。

さらに男性に流されやすい女子は、「俺以外の男性のいうことも聞いてしまうんだろうな」と不安に思います。

4. その人にしかないモノがない


最後にこれ。美人なのにモテない人の特徴は、「その人にしかないモノがない」ことです。たとえ誰もが振り返るような美人ではなくても、その子にしかない魅力を持っている女子は非常にモテます。

でも、見た目が可愛いだけで、「どこにでもいそう」「量産型」「ほかにも美人はいる」と思われてしまえば、「モテ」からは遠ざかってしまいます。

“いい子”や“いい女”でいようと無理をするのではなく、自分だけの個性や愛嬌を表に出していくことで、モテにつながっていきます。

・もう一度会いたい
・この子に会わないとこの体験はできない
・この子にしかない発想

そういった要素があれば、美人でなくてもつねに男性から興味を持ってもらえる存在になるんです。男性陣に話を聞いてみた結果、「“価値が低そう”=“安い”女子」がモテないということがわかりました。美人だとしても“安い女子”にならないようにしたいですよね!
(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ