男がよく使う、別れ際の捨て台詞に隠された真意

「おまえには俺よりもっと良い人がいるよ」
別れ際に彼からこんな一言を浴びせられた経験のある人はいませんか?
女性側からすると「もっと良い人がいるってどういう意味!? 私はあなたが好きなんだけど!」と言ってしまいたくなるこのセリフ。
でも男性にもそれなりの理由があって、別れ話のときにこのフレーズを発しているのだとか。
ではこの言葉に隠された男性の真意とは一体どのようなものなのでしょうか。

1.円満に別れたい


・「さっさと別れたいし、ケンカ別れは避けたいからこそ『おまえにはもっと良い人がいるよ』と言ってしまう。そうすれば彼女のプライドも傷付けなくて済むし、円満に別れを進めることができそう」(20代/教育関係)

口から出まかせというわけではないですが、早く彼女との縁を切りたいがために「おまえにはもっと良い人がいるよ」と言っている場合があるのだそう。
どんなにマイルドな口調だったとしても、彼の根底には「別れたい」という思いがあります。そのため「他の人なんかじゃなくて○○君が良いの!」と自分の気持ちを伝えたとしても、彼の心には響かないといえそう。女性側からすると少し悲しい気もしてしまいます。

2.修羅場を乗りきるため


・「別れ話を切り出したら、彼女が泣きわめいて大変なことに。『俺なんかじゃ○○ちゃんにはもったいない!』『○○ちゃんにはもっと良い人がいるはずだから!』となんとか彼女をなだめて修羅場を乗り切ったことがあります」(20代/広告)

彼女が思いのほか別れ話に納得してくれず、彼女を自分の上に立たせる言葉を探した結果が「俺なんかより他に良い人いるよ」だったというのがこちら。
どちらにせよ、将来本当に良い人が現れるかどうかなんていうのは全く分からないもの。こちらも彼が別れたいが故に、苦し紛れに出た言葉だと考えて良さそうです。

3.自分には耐えきれなかった


・「彼女のワガママなどに耐え切れなかったときなんかに『おまえにはもっと良い人がいるよ』みたいなことを言ってしまいます。あとは『顔はかわいいんだから、あとはその性格を何とかしたほうが良いんじゃない?』みたいな気持ちも込められています」(30代/金融)

顔や雰囲気がタイプだったから付き合ってみたものの「自分とはなんか合わないな……」と感じてしまったということなのでしょう。
根本の性格が合わなかったということなので、こちらも彼とのお付き合いを継続させることは難しいかも。

「俺よりもっと良い人いるよ」と言われてしまったら修復はほぼ不可能


彼から「おまえには俺よりもっと良い人がいるよ」と言われてしまった場合、悲しいですが関係の修復は困難と言えるでしょう。
なぜなら、この言葉は「自分以外の男性と幸せになって欲しい」「早く縁を切りたい」と考えているからこそ言えるものだから。
彼はもう自分で彼女を幸せにしたいとは一ミリも考えていないし、二人の将来なんて想像もしていません。
「おまえには俺よりもっと良い人がいるよ」というフレーズは、彼なりの最後の優しさと言えるでしょう。
女性からすると「そんな優しさならいらない」と思ってしまいますが……。

「もっと良い人いるよ」と言われたら、本当に彼よりすてきな男性を見つけることが幸せの近道といえるでしょう。
(和)
1

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡