早く結婚したいのに…プロポーズを渋る男性の本音4選

「彼との付き合いも長くなってきたし、そろそろ結婚かな~」

そんな風に彼との将来をイメージしている女性はいませんか?
でももしかしたら結婚を意識しているのは女性側だけで、彼のほうは結婚をあまり深く考えていないかも。

そこで今回は「プロポーズを渋る男性の本音」についてリサーチしてみました。

1.彼女にするのは良いけれど結婚は考えていない


・「今の彼女はかわいい部類に入ると思うし、一緒にいてすごく楽しい。だけど『結婚したいか』と聞かれるとなんか違う気がする……。だって料理や洗濯など家事全般を一切やらないんだもん。結婚するなら最低限の家事はできる子じゃないと無理だよね」(20代/医療系)

・「現在付き合っている彼女は、元カノたちと比べてダントツで常識がない。漢字も全然読めないし、俺の同僚と初めて会わせたときもタメ口で話していた。根は良い子だからそれだけで嫌いになったりはしないけれど、結婚したいかって言われると微妙……」(30代/教育関係)

男性は女性と比べて「結婚と恋愛は別物!」と考えている人が多いです。そのためある日突然「今まで付き合っていた彼女とは全く別のタイプの女性と結婚」なんてこともチラホラ。まずは彼から「結婚前提」のお付き合いを考えてもらえるよう、彼女のほうから家庭的な一面を見せていくようにしましょう。

2.彼女が結婚にがっつきすぎて引き気味


・「俺の彼女は早く今の仕事を辞めて、専業主婦になりたくてしょうがないみたい。なので俺に『早く結婚しようよ~』『プロポーズまだぁ~?(笑)』なんて冗談めかして言ってくるんだよね。だけど彼女が結婚に対して本気なのは分かっているから、なんだか重く感じちゃう。逃げたくなりますね」(20代/接客)

男性は「重い女」を嫌います。彼女から“結婚”をチラつかされればされるほど、男性の気持ちは冷めてしまうのです。よく「結婚は永久就職」なんて言いますが、それは女性目線の言葉。悲しいですが現代の男性にとってみると「結婚は負担」であることのほうが多いのです。彼の仕事状況や結婚へのモチベーションを読み取り、時期を見計らってアピールをするようにしましょう。

3.もう少し遊びたい


・「結婚した周りの奴らは『結婚して自由がなくなった』だとか『嫁のかわいげが全くなくなった』『家に帰りたくない』だとか言っている。そういうのを聞いちゃうと『もしかして結婚しないほうが正しい!?』なんて思ってしまう。彼女には悪いけれどいろいろと遊び足りないし、俺はもう少し独身時代をおうかしたいな~」(30代/広告)

既婚友人の意見に左右されてしまい「まだ結婚したくない」という思いが強くなってしまったというのがコチラ。この手のタイプの男性は流されやすいという側面も持っているので、彼女のほうから結婚した友人のポジティブな話をしてみると良いかも。彼の「結婚=悪」という固定概念をなくせるように試みてみましょう。

4.今は金銭的に難しい


・「『いずれは結婚したい』という気持ちがあるけれど、今の段階では金銭的に難しい。もう少し仕事が安定してからじゃないと結婚は考えられないですね」(20代/営業)

男性は奥さんだけでなく、いずれは自分の子どもも養わなければならないという意識があります。そう考えると「今は金銭的に難しくて結婚できない」という彼の気持ちも理解できますよね。もし早い結婚を望むのであれば「結婚したあとも私は正社員で働くつもりだよ」ということを彼に伝えてみると良いかもしれません。

「早くプロポーズしてほしい!」と考える女性と「結婚はまだまだ先でいいや……」と考える男性。男女で結婚観は大きく異なるようです。
彼からのプロポーズをせがめばせがむほど、結婚からは大きく遠のいてしまうのかも。
彼の状況もくみ取りつつ、慎重に「プロポーズアピール」をするようにしましょう。
(和)
1

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡