”彼女のほうから先回り”がポイント! かまって彼氏と上手に付き合う方法

「ねぇ~今どこにいるの~?」
「俺のこと本当に好き?」

こんな“かまって彼氏”にお悩みの女性はいませんか?
たまに女子同士でも
「○○ちゃんと仲良くしないでよ!」
「この前(私に内緒で)○○ちゃんと遊んだの?」

なんていう束縛心の強い女性がいますが、この“かまって彼氏”も似たような部類に入る気がします。
相手が“かまって彼氏”だと発覚したら速攻別れるという女性もいると思いますが、中には「ずっと好きだった相手だし、まだ別れたくない……」「どうせ周りに相談したって『別れろ』って言われるだけ……」と一人で抱え込んでしまう人もいるはず。

そこで今回は別れるという選択肢は一旦おいて置き、“かまって彼氏”と上手に付き合う方法を考えてみました。

1.彼と同じ分だけ返す


人は同じ分だけ相手に返してしてほしいという思いがあります。
例えばLINEのやりとり。

彼「俺さっき、××ってところに男友達とご飯食べに行ったんだよね! ○○ちゃんは何してたの~? ××のステーキすごく美味しかったよ! ○○ちゃんステーキ大好きだよね!? 今度一緒に食べに行こうよ!」
彼女「テレビ観てた。うん」


これでは彼も“もっとかまって彼氏”になってしまう可能性大。
彼が長文LINEを打ってきたら、なるべく同じような文章量になるように心掛けましょう。
この場合だったら

彼「俺さっき、××ってところに男友達とご飯食べに行ったんだよね! ○○ちゃんは何してたの~? ××のステーキすごく美味しかったよ! ○○ちゃんステーキ大好きだよね!? 今度一緒に食べに行こうよ!」
彼女「そうだったんだ~! 私は△△っていうドラマ観てたよ。ステーキ大好き! しかも××ってすごく気になっていたお店なんだよね~! 私も○○君と一緒に食べに行きたい! 今度連れていってね」

といった感じで、相手と同等のボリュームのある文章を打つようにしましょう。
そうすることで彼も満足感が得られ、「なんか冷たくない?」などと彼女を執拗に責めてこなくなるでしょう。

2.自分が彼の味方であるということをアピールする


彼が“かまって彼氏”になってしまう理由として過去に元カノに冷たくされたトラウマや、いつも心のどこかに「自分は愛されていないんじゃないか」「彼女が離れていっちゃうんじゃないか」という不安感や寂しさを抱えているということが挙げられます。

もし彼が「俺のこと本当に好き?」と聞いて来たら「好きだよ」ときちんと言葉にして伝えるようにしましょう。愛情表現を意識して行うことで、彼の「かまって欲しい」という気持ちも和らいでくる可能性があります。

3.時間が過ぎるのを待つ


最後は時間が過ぎるのを待ちましょう。お付き合いが長くなるにつれて、彼もあなたのことを信頼できるようになるはず。そうなってくれば彼の“かまって光線”も自然と落ち着いてくるようになるでしょう。

焦って解決しようとしても余計に二人の関係はこじれるだけ。時間をかけてゆっくりと彼の不安感を解きほぐしていくようにしましょう。

“かまって彼氏”を責めるのは逆効果!


「男のくせにナヨナヨしててウザいんだよ!」「かまってかまってしつこい!」
このように“かまって彼氏”を責めるのは逆効果。
「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだよ!」「俺のことそんなに好きじゃないんだ!」「もしかして他に男がいるんだろ!?」
などと相手の気持ちを逆上させてしまいかねません。

面倒くさいなと思うかもしれませんが、“かまって彼氏”と上手に付き合っていきたいと感じるのであれば、彼女が感情的になってはダメ。

“かまって彼氏” は「言葉と態度で愛情を示す」というポイントを押さえつつ、女性のほうから先回りをしてうまく相手を操るようにしましょう!
(和)

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ