日焼け止め以外にこんなテクが! 今日からはじめられる日焼け防止対策3選

これからどんどん紫外線が強くなっていきますね。美肌を死守したい乙女たちには大変な季節。

紫外線の強さが分かる天気予報や、紫外線によって起こるシミ・ソバカス・肌の老化の怖さなどの情報を耳にしても、具体的に何をしたら効果的なのか、しっかりわかっている方は少ないかも。日焼け止めを塗るなどの基本的な対策以外にも、今からはじめられる対策はたくさんあります。

今回はその中から3つ、効果のあるものをご紹介いたします!

まずは紫外線を浴びない環境作りを!


日焼け止めに頼りきりではなく、つばの広い帽子、サングラス、長袖、手袋、日傘などで、そもそも肌に紫外線を浴びさせない工夫も必要です。

今では紫外線カットのアイテムも多く出ていますが、すでに持っている自分のアイテムの中からコーディネートすることも可能。白などの薄い色のものより、黒などの濃い色のほうが紫外線対策には良いので、季節感を考慮したうえで守りたい部分は濃い色のアイテムを身につけるのがおすすめです。

化粧下地やファンデーションで紫外線をカット!


日焼け止めはもちろんですが、さらに効果を高めるために、紫外線カットの成分が含まれているコスメを使うのが正解!

日焼け止めの効果は時間が限られていて、持続させるためには塗り続けなくてはなりません。でも、メイクをした上から日焼け止めを塗りなおすのは至難の業。コスメが紫外線カットの役割をしてくれるなら、メイク直しのついでに紫外線予防もできちゃいます。

こんな嬉しい機能を持つコスメですが、紫外線カットの効果は高くないものが多く、これだけに頼るのは危険。メインの対策をした上で、プラスアルファのものとして考えておくのがいいでしょう。

体の中から、紫外線対策を!


紫外線対策によく効くと言われているビタミン。これを積極的に取り入れることで、もし仮に外からの紫外線を予防しきれなかったとしても、中からそれを無かったことにすることができます。

ビタミンCはシミやソバカスの原因になるメラニン色素の生成を抑え、さらに肌のハリのもとであるコラーゲンやエラスチンを生成し促進してくれる働きがあります。

ビタミンEは抗酸化作用を持つ栄養素。肌の老化の原因である活性酵素による酸化に対して直接作用して、食い止めてくれる働きがあります。

ビタミンAはビタミンE同様、抗酸化作用とともに、コラーゲンの生成を促進してくれる働きがあります。

特にビタミンCは一定以上体内に蓄積することができず、どんどん排出されてしまいます。常に体内に留めるため、出来るだけこまめに摂取することをおすすめします。

これらの要素は、食べ物や飲み物での摂取はもちろんのこと、それが難しいようなら、サプリメントで摂取するという方法もあるので、自分に合った方法でどんどん取り入れていきましょう。

いかがでしたか?
紫外線に負けない美肌でいるため、また将来の美肌のために、今からできることで、しっかりと対策していきましょう!
(大原絵理香)

この記事を書いたライター

大原絵理香
川崎生まれ、東京とニュージャージー育ち。会社員とフリーランスを毎日いったりきたりしながら、PRと企画と執筆のおしごとをしています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡