すぐに効果を実感! ツヤ肌を手に入れる簡単“顔たたき”の方法

毎日の睡眠時間が不足気味だったり、少々凹むことがあって、顔から生気が消えているようなときにおすすめしたいのが「顔たたき」です。
「顔たたき」とはその名の通り、まさしく顔をたたくだけの美顔術。
顔のツボを刺激することで血行がよくなり、肌のすみずみにまで血液が栄養を運んでくれるようになるため、たるみやくすみの改善はもちろん、シミ、しわの予防もできるのです。

顔をたたくだけの、とってもシンプルな美顔術!


この「顔たたき」ですが、ポイントは顔はぬれた状態でたたくこと。
なので、湯船であたたまりながら行なうのが簡単でよいでしょう。
血行もよくなっているため、効果もいっそうアップします。

そしてお風呂あがりのスキンケアタイムにも、ぜひ「顔たたき」をとり入れてください。
とってもおすすめしたいのがローションをつける際に顔をたたくことです。

たっぷりとローションを肌に「飲ませて」あげたら、気持ちがいいなと思える力加減でたたいていきましょう。ローションが浸透したら途中でつけ足し、再度たたきます。
こうすると、1度で肌の弾力が違ってきます。

さらに肌のキメも整って、ツヤとハリのあるなめらかな質感に。毛穴も目立たなくなっていきます。
乾燥肌に悩んでいた方もたちまちしっとりするほど、ローションの効き目も一段と発揮されますのでぜひ試してみてください。

疲れてくすんだ顔が、すぐに健康的な顔色に! 明るいアイメイクも映える


はじめてすぐに実感するのは、顔の血色がよくなり健康的な顔色になること。それまで肌の色がくすんでいたとしても、ぐっと透明感が増し、見るからにイキイキ、元気な印象に変わるので、ライトグリーンやベージュピンクなどの明るい色のアイカラーも映えるようになります。

また、むくみにも即効性があります。
朝、顔が腫れぼったいな、というときなどは、ちょっと念入りに行ないましょう。次第に腫れがひき、スッキリした印象が戻ってきます。

“顔たたき”の方法


では、基本となるたたき方をご紹介します。

1.手のひら全体で、額を下から上に向かって20回ほどたたきます
2.目の回りを指の腹の部分でやさしくそっと押すようにします。これも同じく20回行います
3.手のひら全体で、頬を下から上に向かって20回たたきます。
4.最後にあごも同じく、下から上へ20回たたきます

ポイントは肌に摩擦を与えないように、顔を垂直にたたくこと。リズミカルに、軽やかなタッチでたたくのがコツです。
痛みを感じるほど強くたたくのはNG。気持ちよさを感じる程度の強さにとどめます。
時間にしてわずか3分足らずなので、無理なく習慣にできるでしょう。

大切な、愛する自分の肌に、いつもありがとう。お疲れさま! の思いを込めてたたけば、きっと肌は応えてくれるはずです。
(ユウコ)

出典:アンチエイジングで素肌をきれいに お肌は手入れの方法で変わる!
1

EDITOR

ユウコ
「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて執筆中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事