職場でやるのはNG! 誰からもいい人を紹介してもらえなくなる発言3つ

筆者が恋愛コンサルタントを始めて12年の歳月が経ちますが、始めたばかりの頃と今で、違うと感じるところは「上司など、目上の人の紹介による出会いが、減ってきている」ということだと感じます。

理由はいろいろありますが、

・本人の意向を聞かずに紹介すると、セクハラになりかねない
・独身男性の結婚願望自体が、減ってきている

この2つであることが多いでしょう。
付き合っている女性がいなくても、職場や周囲の女性の行動、言動を見て「結婚願望が湧かない」と感じる男性は多いのです。

今回のコラムでは、男性の結婚したい気持ちや「この子を紹介したい!」と思う気持ちを萎えさせる発言や行動についてお伝えします。

1.金のかかる発言をする


「私は独身時代と同じように百貨店で服を買いますけど、男の人は、ジャージで充分ですよね」(27歳 事務)
「正直、結婚したら仕事を辞めたいんです。パートが理想的ですね。でも、ジャニーズの追っかけと旅行が趣味なんで、それは続けたいですね(31歳 販売)」

多くの女性が「結婚したら、自分は家にお金を入れずに好きなことをしたい」と感じているのは理解できます。
アラサー世代のご両親は、ほとんどがそういった結婚をしているので、そういったイメージを持ってしまうのでしょう。
しかし、最初からその発言は、アラサー世代の男性にとって、荷が重すぎるというもの。

仕事を辞めたい発言の他、お金のかかりそうな趣味については、話半分くらいに伝える方がいいでしょう。


2.男を査定するような発言をする


「この間、男の韓国料理を食べに行ったんだけど、あれで韓国料理?本場を知らないんだなーって思っちゃいました」(29歳 事務)
→あなたがある程度美人な場合、若い頃にいろいろな男性から食事をご馳走してもらう機会に恵まれていることでしょう。
見る目が肥えてくると、目の前にいる男性を査定したくなってしまう気持ちはわかります。
しかし、これも男性に言わせると
「付き合っても、ずっと査定されるのか…」
と、絶望的な気分になるのです。

3.料理を全然しないという発言をする


「料理は全然しないんです。一人暮らしなので、帰宅したらヘトヘトで…コンビニかスーパーで、お弁当を買って帰るのが普通です」(34歳 サービス業)

正直申し上げて、実家暮らしだったり、フルタイムで働いていたら料理をする暇がないのは当たり前。
ですが、それを正直に言ってしまうと
「結婚したら、彼女は全然料理をしてくれないのだろうか…」
と感じる男性は多いのです。

料理をするかどうか聞かれたら
「一応しますよ。冷蔵庫の残り物でパパっと作るくらいですけど」
「平日はしませんが、休みの日は、時間かかるものを作ります」
くらいは、答えておきましょう。

心配しなくても、料理は少し練習すれば、できるようになりますから。

男性は結婚のメリットとして
「家事から多少は解放され、自分の給料の範囲内で、2人の子供を産み育ててくれる」という思いを持っている人が今も昔も多いように思います。
今時の男性は、それよりも「自分の味方でいてくれる」などを大切にしているパターンも増えているとは思いますが、それでもなお、多いことは事実です。

しかし、いい男性を紹介してくれるような目上の方々は、未だに古い結婚観を良しとすることがあります。
恋愛対象の男性がいないからといって、今まで挙げた3つのような発言はしないようにしましょう。
「あなたに誰か紹介しようかな?」と考えていた人が、上記の発言をすることで「やっぱりやめよう……」と、なるかもしれません。

運命の人は、いつどこにいるかわかりません。
日ごろから「この子はないな…」と思われないような心がけが、良縁につながるのです。
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡