めんどくさそうなイメージ大! 話が長い女子がモテない理由

「彼氏や友人と会話をすることが好き」という女性は多いと思います。

でもその話があまりにも長すぎると、男性は「この女面倒くさそう……」と引いてしまうんだとか。

そこで今回は「話が長い女子がモテない理由」についてまとめてみました。

1.同じ愚痴を繰り返しているだけだから


・「彼女の話はとにかく同じ愚痴の繰り返し。職場に入ってきた新人が使えないだの、女友達の○○がウザいだのそんな話ばかりです。こっちもいい加減聞き飽きて『食べ終わったしそろそろ店出ようか?』と彼女に聞くと『え? もう出るの? まだ話したいことたくさんあるのに!』なんて言われる。これじゃいつまで経っても帰れないですよね」(20代/メーカー)

男性にとって愚痴の無限ループほど地獄なものはありません。「うんうん」と頷きながら聞いている彼も、内心は「早く解放されたい……」と思っていること間違いなしでしょう。同じ愚痴ばかりを口にしないよう、会話ネタには十分注意しましょう。

2.絶対に自分が正しいと思っているから


・「女子って絶対に自分が正しいと思っているフシがあるよね。ちょっとでも俺が反対意見を出そうものなら、彼女はあからさまにイライラしはじめます。でもこっちだって長い話を延々と聞いているのも辛いし、自分の考えと全く違うものを『そうだね、お前は悪くないよね』とは言えない。まぁ何にせよ話が長い女はだんだんと論点がずれてくるし、面倒ってことですよ」(20代/自動車関係)

女性からすると「そうだね、お前は悪くないよね」と言われたいだけなことがほとんどなのですが、男性には理解してもらえない様子。また、男女で物事の価値観は大きく異なります。

「これは私が正しいはずだ!」と思っていても、彼からすると「そんなどうでもいいことでウダウダ言っているお前が悪い」と捉えられてしまうことも。もし自分を否定されたくないのであれば、余計なことは彼に話さないほうが良いのかもしれません。

3.答えを求めているわけではないから


・「彼女が仕事のことで悩んでいたので『上司にきちんと相談したほうが良いんじゃない?』『あんまり辛いなら有給使ってとりあえず休めば?』など親身になってアドバイスをしていたんです。そしたら彼女が急に『もういいよ! ○○君なんかに相談しなきゃ良かった!』とキレだした。あとからよく話を聞いてみると『そこまで仕事が辛いんだったら、そんな会社辞めて俺と結婚しよっか』と言って欲しかったらしいです。いやいやそんなこと言われなきゃ分からないし……。女性って話がダラダラ長いわりに、肝心な気持ちは全く口にしないですよね」(30代/公務員)

女性は相談と銘打っておきながら、心の中で答えが決まっていることがほとんどです。女性同士ならその感情も理解できるため「分かる~!」「そうだよね~」と否定もせず、ただお互いの話を聞くということが可能。

しかし白黒つけたい男性からすると「傷を舐めあうんじゃなくて、今後に向けた明確なビジョンが大切なんじゃないの?」と感じるんだそう。こちらも男女の考え方の違いが大きく表れています。

ドリンクバーで何時間も粘る“ガールズトーク”は男性には一切通用しない!


いわゆるファミレスやこじゃれたカフェで繰り広げられる“ガールズトーク”は男性には通用しないよう。
むしろ「あいつの話はいつも長い」「自分の話ばっかりで俺の話はちっとも聞いてくれない」と男性にマイナスイメージを与えることとなってしまいます。

結論が出ない長い話は、女子会用のネタとしてとっておきましょう。
(和)

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡