男のプライドをぼろぼろに…男子に言ってはいけない禁句フレーズ

口は災いの元。自分では悪気なく言った言葉でも、時に相手を傷つけてしまうことがありますよね。特に恋愛においては、ほんの些細な一言から恋の芽を潰してしまうなんてことも……。自分では深い意味もなく、冗談や軽い嫉妬のつもりで放った一言でも、男性からすると立ち直れないくらいの衝撃になってしまう場合もあります。

特に恋の始まりや恋の終わりの時には、いつも以上に気をつけなければなりません。
あなたはうっかり、こんなフレーズを使っていませんか?

男としてのプライドを傷つけるフレーズ


「何かにつけ『男のくせに……』って言われるのはつらい。ショックで返す言葉もないよ。それから『恋愛対象に見られない』って言われるのも立ち直れないね」(20代男性・事務系)

いずれも相手を「あなたのことは男として見られない」のだと、自尊心を傷つけてしまうフレーズです。
特に恋を予感させるような曖昧なタイミングで、このフレーズを使われると彼のショックも倍増ですよね。たとえ照れ隠しや軽い冗談のつもりであっても、言わないように気をつけましょう!

対応策がなく、救いようのないフレーズ


「今まで好きな女の子から言われて立ち直れなかったのは、『生理的に合わない』、『本当に好きかどうか分からない』というもの。それから付き合っている時に『なんか違った』って言われてフラれたことも……。もうこんなこと言われたらねぇ、どうすりゃいいの?! どうしようもないよね……」(20代男性・営業)

「彼のことを本当に好きかどうか分からない」というように、まだ自分の気持ちが自分自身でもハッキリと分かっていない時、ついついこれらのフレーズを口にしてしまう女性もいるのではないでしょうか?また、「明確に嫌いな理由はないし、自分でも何が嫌なのかよく分からないけれど気持ちが醒めてしまった」という経験をお持ちの女性もいるでしょう。

そんな時、自分の感情をなんとか言葉にしようとして口から出てしまうこれらのフレーズ。

EDITOR

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ