些細なことから別れにつながる可能性大! 男性が彼女に冷める瞬間

女性が「なんか彼のこと好きじゃなくなったかも……」と思うことがあるように、男性も彼女への気持ちがスッと冷めてしまうときがあるんだとか。

では男性が彼女への愛情を持てなくなってしまう瞬間とは、一体どのようなときなのでしょうか?
20代~30代男性にリサーチしてみました。

1.話を全否定されたとき


・「俺が仕事のことや友人の話をすると『だけどさ~』と必ず否定してきてた元カノ。あげく俺が『○○ちゃんって本当可愛いよね!』と元カノのことを褒めたら『いやいや、私が可愛いなんてあり得ないでしょ! 一度眼科行った方が良いんじゃない?(笑)』と冗談交じりに返された。俺だって誰にでも可愛いっていうわけじゃないし、否定ばっかりされて何だか疲れを感じるように。おのずと彼女への気持ちも冷めてしまいました」(20代/接客)

もちろんこの女性は謙遜のつもりで「私なんて可愛くないよ~」と言ったつもりなのでしょうが、彼は「俺が可愛いって言ってるのに、面倒くさい女だな」とイライラしてしまったようです。

このようについ「でもさ~」「いやいや」などと否定から話を切り出してしまう女性はいませんか? 「否定語」はクセになってしまっている場合が多いので、自分から意識的に直していくようにしましょう。

2.束縛が激しすぎて恐怖を感じたとき


・「俺は基本的にソクバッキーな女性OKだと思っていたんだけど、彼女から『GPSつけていい?』と言われたときはさすがに恐怖を感じました」(20代/営業)

・「僕が彼女に話していないことを、彼女がなぜか把握していたことがあって。疑問に感じたので彼女の様子を伺っていたら、僕のスマホを勝手に見ていたんです。特にやましいことはなかったので、怒りよりも先に恐怖が襲ってきましたね。こんな子とは一緒にいられないと思って、結局僕のほうから別れを切り出しました」(30代/物流)

軽いヤキモチ程度の束縛であれば、彼も「可愛いな」と思ってくれる可能性がありますが、あまりにも行き過ぎた束縛は彼に恐怖をもたらします。

「彼を想うあまりついつい束縛をしてしまう……」という女性の気持ちも分かりますが、長続きする恋愛を目指すのであれば、ヤキモチや嫉妬はほどほどにしておきましょう。

3.彼女のヒステリーな一面を見てしまったとき


・「普段は控えめで大人しい彼女が、ちょっとしたケンカの際にものすごくヒステリーになったとき。『なんで私の気持ちを分かってくれないの!!!!』『もうヤダーーーーー!』と泣きわめきながら髪を振り乱す彼女の姿はもはやトラウマもの……。なんだかこの一件があってから、彼女を女性として見られなくなってしまいました……」(30代/運送)

女性のヒステリーな一面は男性にトラウマを与えるとともに「俺の手には負えないかも……」と一気に彼女への愛情が冷めるきっかけになってしまうようです。

どんなにイライラすることがあっても自分を見失わず、冷静な対応ができるようにしましょう。

彼女のほうから相手の心に敏感になろう


相手の嫌な面が垣間見えるとすぐに「別れよう!」と口にしがちな女性と比べ、男性は日頃のストレスが積み重なってある日突然別れを切り出してくることが多いです。

女性側が「今はお互いに順調だし、別れる理由なんて何もないから大丈夫」と思っていても、実は彼のほうはジワジワと気持ちが冷めている可能性も。

男性は口数が少なく自分の気持ちをはっきり口にしない生き物だからこそ、彼女のほうから彼の心の変化を感じ取れるように注意してみましょう。
(和)

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡