自分から告白せずに“友達以上恋人未満のカレ”をうまく落とす方法

「彼とは友達以上に親しいハズなのに、それ以上になれない……」
「一緒にいるとすっごく楽しいし、彼も私も自然と笑顔になれるのに……」

そんなモヤモヤを抱えた女子も多いことだろう。
今回は「友達以上恋人未満の彼を振り向かせる方法」についてまとめてみた。切なる悩みから抜け出すヒントになれば幸いである。

1.彼をひとりでおびき出す


「男友達のYと私は、自分で言うのもなんだけどすごく気が合う仲! 知り合いからは『ホント仲良いね~またじゃれ合ってる~』『恋人だと思ってた!!』なんて冷やかされるくらい。でも、なぜかそれ以上の仲には進展せず……。“なんでだろう??”って考えてみた結果、私とYは二人きりになる機会が極端に少なすぎだと思った。大抵グループで出掛けたり飲んだりすることが多く、帰りとかも逆方向で『じゃあまたな~』ってなっちゃうからだと……。
それからは『Yの好きな球団の観戦チケット取れたよ~』とか言って誘い出たりして、さりげなく“他人抜き”で会うようにした……。するとある日『俺たちってなんか付き合ってるみたいだよね~』『え? これって付き合ってるんじゃないの?(笑)』って流れに持ち込むことに成功!! 今すごーく幸せです」(20代・美容部員)

――あなたもこのエピソードの彼女と同様の“ミス”を犯していないだろうか? “友達以上恋人未満の彼”とは、ワイワイガヤガヤにぎやかに「みんなで」過ごしている機会が多くないだろうか。
けれど「彼と私以外の第三者」はあなたと彼の仲を知らず知らずのうちにジャマしていることも多いもの。もっと話したいのに、なんとな~く良いムードになっていたのに誰かが割って入ってくるなんてこともしばしば……。
“友達”でなく“恋人”になりたいならば、まずは二人きりで会うのが第一歩。多少のおカネや手間がかかっても、とにかく彼をひとりでおびき出すべし!

2.お気楽メールを毎日送ってみる


「“ウザい”って嫌われる可能性もあるから、この方法は慎重に賢くやらなきゃだめなんだけど……私の場合、気になる彼にあえて毎日LINEを送るようにした。『元気~?』だとか『今日こんなことがあったんだよ~』みたいに、返信はしなくても構わないみたいな感じで気楽で明るい内容のメッセージ。返事は返ってくることも来ないこともあったけど……ある日仕事が忙しくてすごく疲れ果ててLINEするのを忘れちゃったというか、メール打つ元気もなかったんだけど、その時に『いつもの報告はどうした~? 心配させるなよ~死んだかと思ったw』って彼からのメッセージが!! すっごくうれしかった……。なんなーくだけどうまくいきそうな気がする!」(20代・イラストレーター)

――男性は「いつものアレ」「いつもすぐそこにある」という“習慣”に弱いもの。
「いつもそばにいたはずの彼女の姿(存在)が見えないと、何となく物足りない……」と思わせればしめたものである。そう、あなたが彼にとっての「日常」になってしまえばよいのだ。
ここで注意して欲しいのが、女性が会話を引き延ばしたいがためによくやりがちな「疑問系」のメールや長文、またはネガティブな内容を送りつけないこと。いくら優しい男性だって毎日質問が来たらうっとおしく、返す気力などなくなるもの。
相手に負担やストレスのかからないメールを心がければいいのだ。
「見て楽しい」「心が和むような短文」で“彼の日常”になってしまおう。

3.髪形を変えてみる


「学生時代から体育会系だった私は、社会人になってもショートカットで、休日はジーンズやラフな格好が多かった。『オマエってホント話しやすいよな~』って男友達から言われることも多かったけど……“もしかしてコレがいけないんじゃ!?”と思い、ある日一念発起して髪を伸ばし始めた! 普段女っぽいことなどやらなかった私に女友達からは「あんたにそんなの似合わないよ!」と散々言われるし、トリートメントや手入れするのに時間はかかるし、慣れないヘアスタイルを維持する面倒くささにめげそうになったこともあったけど……。服装も女らしくして男の大好きなストレートのサラサラロングヘアにしたら、気になっていた男友達に『オマエ、最近キレイになったよな』って言ってもらえた!! 努力の甲斐あった~。もうちょっとで彼のこと落とせそう、ってワクワクしています」(30代・セールス)
1
2

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

新着記事