2回目のデートにつながらない原因

発言小町に「婚活。楽しいのに『楽しめなかったですか?』と言われる」という投稿が寄せられました。

27歳のトピ主さんは、婚活で男性に「楽しくなさそう」と言われてしまうことに悩んでいます。「すごく楽しかったです」と言っても社交辞令にとられたり、「本当に楽しかったですか?」と何度も念を押されたり。頑張って感情豊かに接してみても、「頑張って楽しもうとしてるって感じ」などと言われてしまい、なかなか2回目のデートにつながらないそうです。「本当に楽しいのに楽しそうに映らない。一体どうしたらいいんでしょうか」と問いかけています。

相手への“好意”や“興味関心”が伝わっていないからかも?


「特に人見知りでもなく、そこまで緊張屋でもない」「無口・寡黙でもなく、会話の際は笑うし、時には爆笑もするのですが、楽しくなさそうと言われる」というトピ主さん。「甘え方が分からないタイプの甘え下手」「昔からキャッキャもキャピキャピもしてない性格で、大人びている、落ち着いてると言われる」と自己分析しており、女性からは“話しやすくて楽しい人”と言われて友達になれるのに、男性だとうまくいかない……ともつづられています。

普通に接しているつもりのトピ主さんに、男性たちがわざわざ「楽しめなかったですか?」「本当に楽しかったですか?」と聞いてくるのはなぜなのでしょうか。恋愛や結婚を前提とした場で出会っている以上、男性たちも女性側の反応や好意の手応えは気になるはず。おそらくですが、トピ主さんにはそういった意味での“手応え”が感じられず、好意の有無について不安や戸惑いを感じたからではないか――と思います。トピ主さんは「女友達と変わらない態度で男性に接している」と言われるそうで、そのあたりのフラットさが、もしかしたら男性には「楽しくなさそう(=脈なし、恋愛モードが感じられない)」にみえてしまうのかもしれません。

それはトピ主さんにとって望ましくないことですよね。誰でも彼でもにあいきょうを振りまく必要はないと思いますが、「次のデートをしてみたい」と思う相手に出会ったときは、ご自身の好意を言葉や態度でもっと表現できていくといいのかなと思います。せめても「あなたがどんな人か知りたいと思っています」といった相手に対する“興味関心”は伝えたいところ。それがうまくできれば、男性陣も「僕に興味がある=可能性(脈)があるのかな?」と感じ、進展にも前向きになりやすいのではないでしょうか。

“自分の目でパートナーを探そう!”と思えば、自然と積極的になっていく!?


では具体的に、好意や興味関心を表現するにはどうしたらいいのでしょうか。
以下の点を心がけてみるといいと思います。

<1> ただ話を聞くだけでなく、自分からも「質問」をしてみる
<2> 終了間際には、「もっと話したかったです」「あっという間でしたね」など、“物足りなさ”を伝える
<3> 自分からも連絡先を聞いたり、「次は~できたらいいですね」と約束をしたりする
<4> 男性の気遣いや申し出を受けたときは、小さなことでも断らず「ありがとう」と受け入れる
<5> 無理に“甘え上手”になるより、他人を受け入れる「寛容さ」を意識する
<6> 主体的に臨む。「誰でもいいから好かれたい」「男性に気に入られよう」という気持ちを捨てる

まずは<1>から。会話で受け身になりすぎないことを心がけましょう。自分からも相手について質問をしていくと、興味関心は伝わりやすいです。出会う男性たちに対し、「今日はひとり3つは質問をしてみよう」などと決めておくのもおすすめです。その上で、もう一度会いたいと思った相手には、<2>「名残惜しい」「もっと話したい」という気持ちを素直に伝えてみる。<3>連絡や約束など、「具体的な次へのアクション」を自分から起こすことも重要です。
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡