付きあっても冷めない男性はこんなタイプ! 真の優しさを持った男性の特徴

「付き合う前はあんなに優しかったのにお付き合いを始めた途端、彼が急に冷たくなった……」

こんなお悩みを抱える人はいませんか?
「好きな男性のタイプは?」と聞かれ、真っ先に「優しい人!」と答える女性って多いもの。それくらい「優しさ」というものは、異性と付き合う上で重要なポイントとなっています。

しかしながら「付き合いだしたら彼が冷たくなった」というのとは対照的に「何年も付き合っているけれど、彼はずっと私に優しくしてくれる」という何とも羨ましい女性もいます。「そんな素敵な彼、どうやって手に入れたの!?」とつい聞きたくなってしまいますよね。

そこで今回は「真の優しさを持った男性の特徴」についてまとめてみました。

1.彼女を一番に考えてくれる


・「俺は彼女が何よりも大切なので、どんなに深夜でも『会いたいから来て』と言われたら飛んでいきますね」(20代/男性)

・「今の彼は私が悩んでいたらすごく親身になってくれるし、苦手なサプライズも私が喜ぶと思ってやってくれます。もともと言葉数は少ない人だけど、優しくて愛されているという実感があるので一回も不安になったことがないです」(20代/女性)

人はその時の感情によって、気分にムラがでる生き物。それでもいつだって彼女を一番に考えてくれるというのは、「本当に優しい男性」だからこそできること。きっと女性側も自然と「彼にもっと優しくしてあげたいな」と思えるのではないでしょうか。

2.自分より立場が下の人にも横柄な態度をとらない


・「私にはものすごく優しい彼。でも自分より目下の人だと分かると急に態度が変わるんです……。前に彼と飲食店に行ったときお店がすごく混んでいて、水すらも全然出てこなかった時があって。私は『忙しそうだし、仕方ないかな……』と思っていたら、彼が店員さんを捕まえて『おい! 水まだかよ! 客をなんだと思ってるんだ!』と怒鳴り散らしていた。その姿を見て『この人はダメだな……』と感じるようになってしまいました」(20代/女性)

どんなに「優しい人が良い!」と言っても、周りの人に横柄な態度をとる男性は良くないですよね。あなたも周囲から人によって態度を変えるような、「彼と同類の女性」と思われてしまいます。もし付き合う前に彼とデートする機会があったら、店員さんへの態度もしっかりチェックしておきましょう。

3.何があっても見捨てない


・「約20年一緒にいた愛猫が亡くなったときの話なんですが……。猫だって大切な家族だし、亡くなったときは本当にショックで私は食事も喉を通らなかったんです。彼氏の前でもどうしても気分が落ち込んでしまって、うまく喋れなくて。そしたら彼が『そんなに暗い女とは一緒にいられないわ!』『てか、命あるものはいずれ死ぬでしょ。それを分かっていて猫飼ったんじゃないの? いつまでもメソメソしている意味が分からないわ』とキレだした。結局この一件があって彼とは別れました」(20代/女性)

・「うちの旦那は私が少しでも体調が悪くなると『マジ移さないで!』と急に態度が豹変する。もちろんおかゆを作ってくれたり、家事を手伝ってくれたことなんて一切なし。体調の悪い中、私が必死で家事を行っています。それでいて旦那がちょっとでも熱を出そうものなら『ヤバい! 熱出た!』と大騒ぎ。正直『旦那選び間違えたかな?』と思ってしまいますね……」(30代/女性)

緊急事態があったときに、あなたを置いて真っ先に逃げるのがこのタイプ。自分のピンチのときに助けてくれない、それどころか酷い言葉を浴びせてくるような男性は、普段どんなに優しくてもやめておくべき。

一瞬でも「この人は何かあったら私のことは見捨てる気がする」 と感じたら、彼とのお付き合いは考え直したほうが良いかも。

優しさのポイントは「釣った魚にいつまでもエサをくれるかどうか」


男性が「釣った魚にエサをやらない」というのはよく聞く話。付き合う前は「何とかして彼女をオトしたい!」と考えているため、優しいのは当たり前なんです。問題は「釣った魚にいつまでもエサをくれるかどうか」。本当に彼女を愛し、真の優しさを与え続けてくれる男性は、釣った魚にエサをやることを惜しみません。一方「釣った魚にエサをやらない」男性は、エサ(優しさ)を与えることは時間と労力の無駄と感じています。よっぽどのことがない限り、男性の優しさが急に復活することはまずありません。 「付き合いが長くなるにつれて彼が全く優しくなくなった」と感じるのであれば、新しい恋にシフトチェンジしていくのも一つの方法かもしれません。
(和)
1

EDITOR

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ

新着記事