フォロワー22万人 愛妻家shin5さんに聞いた 幸せな恋愛・結婚のアドバイス

奥様との出会いエピソードをTwitterで呟き始めてから約2年。夫婦の優しく温かいリアルストーリーが評判となり、今や22万人ものフォロワーを持つshin5さん。多くの反響を受け、このたび140字では伝えきれなかった裏話が写真やイラストとともに書籍化されることに。発売を記念し、ローリエでは読者からshin5さんへの質問を大募集。ご本人に直接お伺いをしてきました!
写真提供:(C)株式会社ラブグラフ
写真提供:(C)株式会社ラブグラフ

円満の秘訣は、「たくさん話す」「思い出の反復」、そして「一緒に未来を描くこと」


最も多く寄せられた質問は、「仲の良い関係が10年近く長続きしている秘訣について」。shin5さんはさまざまなお話を聞かせてくださいましたが、それらを総合すると、以下3つのポイントが浮かび上がってきました。

1.伝えたいことは、その時々にしっかり伝えあっていること
2.「思い出を反復して味わう時間」を大切にしていること
3.定期的に「将来の話」をして、共有していること

つまりは「二人の過去・現在・未来」すべてを大切にしている――ということなんですね。

毎日1時間程度は話をする、というshin5さん夫婦。時々は喧嘩もするそうですが、そのまま放置して流す、ということはないそうです。
また、思い出の場所にもよく通っているというお二人。特に結婚式を挙げた式場には、毎年のクリスマスパーティーのほかにも年に2〜3回、家族と共に訪れているのだとか。「日々に追われ、忘れがちな気持ちをゆっくり味わい直せる時間になっています」とおっしゃっていました。多忙なshin5さんですが、平日代休の日には二人きりで昼間デートをするなどして、リフレッシュもしているそうです。
なにより、結婚を決意した決め手は「彼女と10年先の将来を一緒に考えたかったから」というshin5さん。今でも「将来こんなことできたらいいね」「今お互いが好きなことを合わせたら、こんなことができるね」など、“ふんわりとした将来の夢”を定期的に話しているそうです。「いつも、少し先のことを考えながら、興味があることを知っておきたい」という思いがあり、奥様のハマっている本を一緒に読むなど、興味関心事もできるだけ共有するよう心がけています、とのことでした。

初めから「今の自分」だったわけじゃない。不安もあったけれど、優先順位が自然に変わっていった――。


写真提供:(C)株式会社ラブグラフ
写真提供:(C)株式会社ラブグラフ

独身の読者からは「shin5さんのような旦那さんになってくれる男性を、どう見極めたらいい?」という質問も多く寄せられました。すると返ってきたのは、「僕も最初から100%こんな感じだったわけじゃないんです」というお答え。20代前半で結婚したため、不安や葛藤もあったのだとか。同僚たちが連日飲みに行ったり、仕事や趣味に没頭したりしている様子を羨ましく思った日もあるし、結婚当初は、自分勝手な行動をして奥様と衝突したこともあった――とのこと。しかし大変だった双子の出産を機に、「大事な人が悲しむことはしたくない」「今自分が一番見たいのは、家族の笑顔だけ」とはっきり気づいたそうです。

夫婦には何があるか分からない。だからこそ「安心しきってしまう関係」にはなりたくない


「制約はあるけれど、それ以上に『結婚してよかった』と思うことが、振り返ると多いんです」とshin5さん。愛する人が増えるほど大変な部分は正直あります、とのこと。でもそれ以上に、色んなことを一緒にできる”仲間”が増えるし、お互いに影響を与えあって成長もできる。大きな精神的な支えももらっている。様々な事を一緒に乗り越えてきた経験が、家族の絆を強くしており、「あれを乗り越えたんだから、何とかなる!」といった現在の自信にもつながっています、とのことでした。

「感謝の言葉」も日常的にたくさんかけあっているというお二人。これは奥さまからの「いつも当たり前に側にいてくれる存在、と思われるような関係にはなりたくない」「人生は何があるかわからないし、安心しきって欲しくない」といった思いがあるからなのだとか。

自立しているけど素直な彼女。自然に「結婚」が見えたし、年齢差はむしろ頼もしかった。


書籍『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』より
書籍『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』より

そのほか、年齢差や奥様の性格、遠距離恋愛についても多くの質問が寄せられました。「もともと自立している女性が好みでした」というshin5さん。出会った頃の奥様は仕事・生活・育児すべてにしっかり取り組んでおり、それでいて素直に弱い部分も見せてくれるところに強く惹かれたそうです。お付き合いの先にはいつも結婚を目指してきたそうですが、奥様に関しては、本当に自然に結婚生活が思い描けたのだとか。

6月30日に発売のshin5さん著 『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』でも、そんな奥様との出会いと結婚、子供たちの誕生。140文字では伝えられなかった裏話や、家族のイラストや写真がたくさんの思い出と一緒につめこまれています。

現在もカップルアプリを使ってスケジュールを共有しあったり、”浮気心”が心配になったときは、お互いに気になって、やきもちを焼いたり……と、本当にラブラブなお二人。短期間の出張のときさえ離れているのがつらいそうで、「僕たちは遠距離恋愛が向いていない性格だと思います」とおっしゃっていました。

書籍『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』
書籍『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』

予想以上の反響があり、すべての質問にお答えいただくことはできませんでしたが、内容をぎゅっと凝縮してご紹介させていただきました。より詳しいエピソードや愛のヒントがいっぱいに詰まった書籍は、6月30日(木)発売。愛を育んでいく秘訣や結婚生活の楽しさを知りたい方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

また、今回は発売を記念して、1名様にサイン入り書籍をプレゼント!(※こちらの応募は終了しております※)  応募方法はローリエの公式ツイッターをフォロー&該当ツイートをRTするだけ。抽選で一名様にプレゼントします。


※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため無効とさせていただきますので予めご了承ください。
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます。
※当選者にはローリエ編集部からご連絡を差し上げます
※応募期間:2016年6月24日~2016年7月5日(火)まで。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡