好きなタイプと好かれるタイプが違う…理想と違う人と付き合うのは妥協なの? 

あなたは、好きになる人と、自分を好きになってくれる人が同じタイプですか? 自分を好きになってくれる相手が理想のタイプであれば問題ないのですが、現実はそう上手くいきませんよね……。

知り合いのAちゃんいわく、「好きなタイプはトークが面白い人なのに、自分を好きになってくれる人は無口で無愛想な人ばかり」だと悩んでいました。一度や二度ならまだしも、今までいつもそんなパターンばかりとのこと。

「自分の理想の好きなタイプは諦めて、好みのタイプではないけれど自分のことを好きになってくれる男性と妥協して付き合うしかないの?」と、Aちゃんは悩んでいました。

でも、そもそもこのケースって、“妥協”なのでしょうか?

付き合う目的ってなんでしょうか?


付き合うのは、何のためでしょうか? その答えは人によって違うと思います。でも、具体的な目的は人それぞれ違っても、全ての人に共通しているのは「幸せになりたい」、この一言に尽きるのではないでしょうか。

「お金目当てで付き合いたい」とか「イケメンだから付き合いたい」と言う女性もいますが、突き詰めると、それは自分が幸せになりたいからですよね。つまり、幸せになることが付き合う目的ではないでしょうか。

となると、例えばお金目当てで結婚して自分は幸せになれるのか? ……ということを考えた方がいいと思います。「その人と一緒になった時の自分は幸せなのか? (もちろん自分も相手を大切にするけれど)自分は相手に大切にしてもらえるのか?」ということをイメージすると、自分の理想のパートナー像が見えてくるはずです。

自分を大切にしてくれる人がいるのは幸せなこと


ここで、Aちゃんのケースを振り返ると、Aちゃんは自分の好きなタイプではない人と付き合うのは“妥協”と言っていますが、はたしてそうでしょうか?

いいえ。
先ほど述べた前提で考えると、自分のことを好きになってくれない男性を追いかけてしがみつくより、自分を好きになってくれる人と付き合った方が、Aちゃん自身は幸せになれる可能性は高いと言えます。(もちろん相手を大切にしないと自分も幸せになれませんので、相手を大切にするのは大前提です。)

このように、「自分が幸せになる」というゴールから考えると、見向きもしない好きなタイプの男性にしがみつく方が、よっぽども妥協していると言えますよね。それなのに自分の好きなタイプの方がやっぱり良いと思うのは、恋に恋している状態なのかもしれません!?

最終的には自分が納得できる道を選ぶこと


好みのタイプではないけれど、自分を好きになってくれる人と付き合うのは妥協ではないと言いましたが、「私は絶対そんな風に思わない!」という女性もいるでしょう。

もちろん、恋愛に絶対的な正解や必ず上手くいくパターンなどありませんので、「こんな考えもあるんだなぁ」と思って、選択肢の一つに入れていただけると幸いです。色んな可能性を考えてみて、最終的にはご自身で納得される道を選んでくださいね。それが一番の幸せの近道ですから。

でも、もしいつか追いかける恋愛に疲れた時は、ふと「こんな考えもあったなぁ」と頭の片隅から思い出してみてください。
(おーさか ちさ)
1

この記事を書いたライター

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡