男性が“この子と結婚したい!”と実感した瞬間5つ

長く付き合っている彼氏が、なかなか「結婚」の話をしてくれない。私、本当にこの人と結婚できるわけ? こんな悩みを抱えている女子、きっとこの世にはたくさんいるはずです。一般的に女性のほうが結婚願望が強いイメージがありますが、男性はどうなのでしょう。一体男性は、どんな瞬間に「この子と結婚したい!」と実感するのでしょうか? 

過去に「うぉぉ! 俺は、この子と結婚したいぞ!」と実感した瞬間があるという20代男性に、話を聞いてみました。

1.やっぱりテッパン! 料理が美味しかったとき


まずはテッパンネタですが、「彼女の手料理が美味しかったとき」(29歳男性/マスコミ)という答えが一番目立ちました。男性にとって、結婚するということは、イコール「この子の手料理を後50年間食べ続ける」という発想になるんだといいます。

女子からすれば、「いやいや。あんたも作りなさいよ」という感じですが、やはりまだまだ「妻に料理を作ってもらう」という考え方の男性は多いよう。仕事で疲れているとき、この子の美味しい手料理を食べられたら幸せだな。そんな風に思った瞬間「この子と結婚したい」と思うんですね〜。

2.家に遊びに行ったら、100%の笑顔でお迎えしてくれたとき


次に聞こえてきたのがこれ。「彼女の家に遊びに行ったとき、玄関で100%の笑顔で『待ってたよ〜! おかえり〜!』と抱きつかれた瞬間」(26歳男性/IT系)。

仕事で疲れて帰ってきたとき、こんな笑顔で自分のことを出迎えてくれる子がいたらどんなに幸せだろう。俺、絶対仕事頑張れるわ! そんな妄想が一瞬で膨らみ、彼女との結婚を決意したという、この男性。やっぱり、具体的に男性に「結婚後」を意識させる瞬間が大切なんですね。ふむふむ。

3.ひざ枕をされているとき


また、「ひざ枕をされているときに、この太ももで死にたい! 結婚してくれ! と思った」(25歳男性/メーカー)というご意見も。彼女の家でゴロゴロしていたというこの方。彼女のフワフワした太ももの寝心地が良すぎて、結婚を意識しはじめたそうです。やっぱり、彼女の母性を感じたときにグッとくるんですかね?

4.必死に看病してくれたとき


EDITOR

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ