年齢はやっぱり関係ある? ちょい上からおじ様まで…年上男性がやっぱりモテるワケ

年齢はやっぱり関係ある? ちょい上からおじ様まで…年上男性がやっぱりモテるワケの1枚目の画像

「恋愛に年齢なんて関係ない」と思っていても、なぜか付き合う相手が同級生ばかりという方もいれば、年下ばかりだという方もいるかと思います。

年下の男性と付き合う女性も多い一方で、やはり頼りがいのある年上の男性にひかれる女性は多いですよね。年齢は関係ないと思っていても、どうして年上にひかれてしまうのでしょうか? 

年上好きな女性に、年上男性の魅力を聞いてみました!

放任してくれるところ


「年上の男性は、手のひらのうえで遊ばせてくれるから気楽でいい」(30代女性・公務員)

たった二文字の「好き」と言う言葉でも、好きの種類って複雑ですよね。正直なところ、「自分を心地良い状態にさせてくれるから相手のことが好き」というパターンと、そうではなく「自分のことはどうでもいいので、とにかく相手を心地良くさせたい」という無償の愛を持って言う「好き」のパターンがあると思います。

年上男性は後者のように、見返りを求めず愛情を注いでくれる可能性が高いという点が魅力的なのでしょう。そうでないと、放任して手のひらで遊ばせてはくれませんよね。

奥が深い話をしてくれるところ


「知識も人生経験も豊富な年上の男性は、自分では考えもつかないような考えを持っていたり、知らないことを教えてくれたり、尊敬できるところが多い。年上の男性と普段から接していたら同年代の男性が幼く思えてしまう」(30代女性・看護師)

尊敬と好意は似ているので、相手が自分の知らないことを知っていたり、思いもつかないような考えを持っていたりすると、思わずひかれてしまう女性は多いはず。

それを「純粋な尊敬の念」なのか、それとも「恋愛に発展する可能性のある好意」なのか、自分でもよく分かっていない女性もいるのではないでしょうか。

尊敬する人と尊敬される人という立場を覆してでも、相手に近づきたいと思うかどうかが一種の目安になるでしょう。恋愛関係に発展すると、今まですごいと思っていたところがすごく思えなくなってしまうことが多々あるからです。

「頼りがいがあると思って付き合ったのに、実際はそんなことなかった」と落ち込む女性もいますが、適度な距離感があるから尊敬できていたという場合もありますよね。

対抗意識を燃やさなくて良いところ


「私が負けず嫌いなので、同年代の男性には対抗意識を燃やしてしまう。特に社内の男性だと、同年代はライバルにしか見えない。でも、年上の男性だったら(ライバルになる可能性がなく)対抗意識を燃やさなくていいので、安心して好きになれる」(20代女性・公務員)

仕事熱心な女性は、出世争いのライバルになる同年代の男性は恋愛対象に見られないのかもしれませんね。自分のライバルにならず、自分より仕事もできる年上の男性は魅力的なようです。

負けず嫌いの女性は、仕事に限らず、趣味や特技などでも相手に対抗意識を燃やしやすいので、違うフィールドの男性を探すと良いでしょう。

適度な距離感で得られる心地良さ


年上男性の魅力は、自分と同じ土俵で戦う可能性が低く、適度に自分と距離があるから生じる魅力のようです。さらに、尊敬できる相手ということも大事な要素。

年齢に関わらず、そんな魅力的な相手だと思わずひかれてしまうのも納得ですね。
(おーさか ちさ)

この記事を書いたライター

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡