男が“守りたくなる女”になる3つの方法

男が“守りたくなる女”になる3つの方法の1枚目の画像

男性にとって「女性らしさを感じる魅力的な人」というのはどのような部分で判断すると思いますか? 外見や性格、話し方など要素はいろいろとあると思うのですが、やっぱり一番ポイントになるのは「守りたくなるかどうか」というところだと思うんです。

守りたくなる女性というのは、男性からすると「俺が守ってあげないと」と何となく気になる存在になっていくもの。「俺が居なくても大丈夫でしょ」と思われてしまうとなかなか恋愛対象として見てもらうのは難しくなってしまいます。

それでは「守りたくなる女」と男性から思ってもらうためにはどうしたら良いのか、意識するべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

1.弱音を素直に見せる


自分の弱い部分や弱音を人に見せたくないと強がってしまう女性もいますよね。でもこのタイプの女性は恋愛面で大きく損をしている場合が多いです。強がることは男性から「強い女」と思われてしまう原因にもなってしまいますから、結果として恋愛対象の枠から外れてしまいがちなんです。

自分の本音や弱い部分を素直に見せる女性は、それだけで女性らしくてかわいく見えるもの。ただし、いつも弱音ばかりだと「何もできない女」と思われてしまうかもしれないので、たまに見せる弱音という部分を意識すると男性の守りたい欲を程よく刺激することができると思いますよ♪

2.カッコ悪いところをあえて見せる


上記で書いた「弱い部分」に通じるところもあるかと思いますが、自分のカッコ悪い姿や失敗する姿って男性から見られたくないと必死になる女性は多いですよね。でもこれは男性から見ると「隙のない女」というイメージを抱かれてしまいがちなんです。

むしろ計算でも少し隙を見せてくれたり、かっこ悪いところを見せてくれる女性の方「しょうがないなぁ」と守りたくなってしまう男性は多いはず。強がったりかっこをつけることばかりせずに、たまには女性らしいちょっとした失敗を見せてみるのもアプローチとしては良いかもしれませんよ。

3.相手のことを考えすぎない


男性から「強い女」と思われてしまうタイプというのは、総じて「空気が読め過ぎてしまう女性」であることが多いです。相手の気持ちやその場の空気を考えすぎてしまった結果、自分の意志や意見を主張できなかったりやりたいことを我慢してしまうというパターンですね。

こうなってしまうと「本当の自分」を男性に見てもらうことはできませんから、常に「作りものの自分」を見せている状態になってしまいます。作りもののあなたは周囲から見ても完璧にできている場合が多いので、その結果「おまえは1人でも大丈夫だよな」と壁を作られてしまうんです。

「守りたくなる女」になりたいと願うのであれば、まずは空気を読み過ぎることから止めてみましょう。男性に対してアプローチしたい気持ちがあるのなら、その気持ちに素直になった心のままに行動してみませんか? きっとあなた自身も自分の見方が変わると思いますよ。

「守りたい女」と男性に思ってもらうためには「守ってもらいたい気持ち」と向き合うことがまず必要になるでしょう。「一人でも大丈夫」「守って欲しいなんて思っていない」そんな風に意地になっている気持ちをしっかりと見つめて、一人の女性としての本音に従ってみてはいかがでしょうか?
(yuzuko)
1

この記事を書いたライター

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡