彼が思わず自慢したくなる彼女の特徴4選

彼が思わず自慢したくなる彼女の特徴4選の1枚目の画像

つきあっている事実を、誰に対してもひた隠しにしている彼……こんな哀しい彼氏をお持ちの、哀しい女子もおいでかと思いますが、物事なんでもオープンにさっぱり爽やかにしたほうが気持ちがいいものです。

さて今回は、彼が思わず自慢したくなってしまう彼女の特徴に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.誰に対しても平等に接する


「ぼくの彼女は、誰に対しても平等に接します。飲みに行って隣のやかましい席の客に声をかけられても、きちんと対応しています。自慢の彼女です」(27歳・IT)


人としての器がデカいか小さいか、というような判断基準だろうと思います。デッカイものって、誰かれかまわず自慢したくなってしまうのが人情ってもんですよね。

2.料理がうまい


「ぼくの彼女はものすごく料理がうまいです。おかげでぼくは、彼女とつきあってから5キロ太りましたが、みんなに自慢したいステキな彼女です」(29歳・通信)

ごはんがうまい・マズイというのは、もう、ものすごく生理的なところに訴えかけてくるものですから、彼女の手料理が美味しいとなると、わけもなく世界の中心で愛を叫びたい衝動に駆られるのかもしれません。

3.アレの相性がいい


「アレの相性がいい……これだけでもう自慢の彼女です」(27歳・教材販売)

これは女子だって、ごく一部の親友に「彼と相性がいい」と言うことがあっても、たいていの場合は口外しないことだろうと思います。
別れそうでなかなか別れないカップルとか、一見してなぜこのふたりがつきあっているのだろう? と思えるようなカップルって、やっぱりアレの相性がいいのかもしれません。

4.仕事に対する理解がある


「ぼくの彼女は、ぼくの仕事に対する理解がすごくあります。ホントに自慢の彼女です」(30歳・会社役員)

男にとって最大のストレスは、仕事に関することだろうと思います。
女子だって男子と対等に仕事をする時代になったわけですが、女子には主婦という選択肢があっても、男子は主夫という選択肢を選ぶことが、まだまだむずかしい時代です。
だから男子にとって生涯続くであろう最大のストレスに対して、理解を示してくれる彼女は、自慢の彼女……こういうことでしょう。

いかがでしたか?
若いとどうしても、どうすれば彼に好かれるのだろうということを四六時中考えてしまうこともあるかと思います。
あるいはモテない時期が続くと、モテとか男心をむずかしく捉えがちかもしれません。

でも、意外と男子の思考回路って単純で、「お腹を満たしてくれる」とか「仕事に対して理解を示してくれる」というようなことがあれば、それで万事OK! こういうことだろうと思います。
男って女子ほど、恋愛をややこしく考えない人のほうが多いのかもしれません。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡