脇汗防止にも大活躍! 夏のおすすめボディパウダーの超使える有効活用術

脇汗防止にも大活躍! 夏のおすすめボディパウダーの超使える有効活用術の1枚目の画像

これから徐々に暑くなってくる季節。となると気になるのは、やっぱり汗などのニオイですよね。でもニオイを誤魔化すために香水を使うと、強すぎてしまうことがしばしば。すると香りに酔って気持ち悪くなったり、逆に周りに臭いと思われてしまうこともあります。

そこで今回は、汗などのニオイを消して、しかもさりげなく香る方法をご紹介します。

さりげなく香るにはボディパウダーが使える!


さりげなく香るために、シャワー後はボディローションやボディオイルを使っている方も多いはず。しかし、暑い季節は汗をかいてしまうとせっかくの香りも台無しに。特に翌日にお風呂に入った場合は、寝ている間に汗をかいてしまうので、ローションの香りどころか朝起きたら汗臭いなんてこともあるでしょう。

だからこそ、ボディの香り対策に使いたいのはボディパウダー。パウダーなら皮脂や汗を抑え、しかも汗のかきやすい部分を乾燥させるので汗対策にもなります。また、夏はベタつきがちな肌をサラっとした質感にしてくれるのもおすすめのポイント。しかも香り付きのパウダーなら、ふんわりと香るだけでなく、香りがそのまま持続します。さらに良いのは、出かけ先でも使えること。ちょっと汗をかいたらティッシュなどで汗を拭き取り、パウダーを重ねればすぐにふんわり香るサラサラな肌に戻ります。

DIYボディパウダーなら、自分が好きな香りをふんわりさりげなく


探せば色々とあるボディパウダーですが、自分がお気に入りの香りが見つからない、なんてことも。特にデートや気になる人との飲み会は、好きなニオイをふんわり香らせたいという時もあるでしょう。そんな時は、自分の好きな香りで作るDIYボディパウダーにトライ!

まず、用意するのは無臭のベビーパウダー、もしくはコンスターチです。直接肌に触れるので、コンスターチはできればオーガニックのものを使用するのがオススメ。次に必要なのは好きな香水やアロマオイルです。これを1枚のコットンに湿らせていきます。そうしたら、コットンを瓶や容器に入れ、上からベビーパウダー、もしくはコンスターチを入れればOK! パウダー全体に香りがついたら、早速使ってみましょう。

手作りなら、色々な香りが楽しめますし、何よりもお気に入りの香水のパウダーが作れちゃうのは嬉しいですよね。また、香水をコットンに湿らせる量によって、パウダーの香りの濃度を調整することができるので、強めがお好みの場合は香水の量を多めにしてみましょう。

さらに、瓶や容器からパウダーを使う時は、パウダーパフを使うと便利です。

さりげなく香らせるのは、大人女子のマナー。今年の夏は、汗対策も一緒にできるボディパウダーを大いに活用してみては?
(ピーリング)

この記事を書いたライター

ピーリング麻里子
女性誌の編集者を経験後、渡米。現在フィラデルフィア在住。セレブ情報、美容をメインにウェブ媒体、女性誌、ラジオなどにて情報を発信中。 事情など多岐に渡る

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡