自信をもって腕を出したい! “二の腕のブツブツ”を治す方法

自信をもって腕を出したい! “二の腕のブツブツ”を治す方法の1枚目の画像

半袖とノースリーブのシーズンがやってきましたね。つまり、二の腕を丸出しにする機会も増えるということです……。ワキの処理はバッチリ! でもちょっと待ってください。二の腕にブツブツがありませんか? 

今回は、そのブツブツの正体と対処方法についてご紹介したいと思います。

そのブツブツ、3.5人に1人がなっている!


二の腕のブツブツには大きく分けて二種類あります。ひとつは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または別の呼び名で「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」といいます。なにそれ……という感じですよね。

これは、特に二の腕や太もも、背中などの毛穴に角質が詰まり、皮膚がブツブツと盛り上がる状態になる疾患のことです。しかも、コレは若い女性に多い症状で、男性に出ることはあまりないのも特徴です。だいたい思春期前後の10代頃から出始めて、30代半ばぐらいまで消えないというのですから悲しいことです。腕を出して思い切り夏を楽しみたい時期にブツブツと共に生活しなくてはいけないのですから、毛孔性苔癬に悩む人は多いのです。

もうひとつは、栄養バランスの乱れによって起こる肌荒れの一種。こちらは毛孔性苔癬とはまた違い、食生活の乱れを整えると改善されることが多いといわれています。

食生活の乱れを整えるとブツブツが改善される


腕にできるブツブツは食生活の乱れによるとされることが多いです。主な原因はビタミン不足。野菜や果物よりも肉や揚げ物、お菓子など油っぽい食事を好み、運動をあまりしないという生活習慣だと、血行が悪くなり、皮脂を過剰に分泌する体質を作ってしまいます。
まずは食生活の改善を試みて、二の腕のブツブツが改善されるか様子をみてみましょう。全く改善される様子が見られなかった場合は皮膚科の診察を受けて、適切な処置をしてもらうことをオススメします。

やってはいけないセルフケア


ノースリーブや半袖をキレイに着たい気持ちから、スクラブの入ったボディローションでゴシゴシ皮膚をこすったり、固いナイロンタオルなどで体を洗うのは悪化の原因となるので避けましょう。

そして、ブツブツの度合いが大きい人が気をつけたいのは、ムリヤリつぶすという行為。つぶしたら消えてなくなるのでは……と思ってしまいがちですが、色素沈着の原因となるので気をつけてくださいね。また、乾燥もブツブツを悪化させる原因のひとつとなりますので、こまめに保湿をすることを心がけてください。

まずは生活習慣の改善を!


じんましんのようで見た目が気になりますが、周りの人にうつったりすることはないので安心してください。基本的には生活習慣を見直し、栄養バランスのとれたビタミン豊富な食事を摂取することで改善が期待できます。尿素の入ったクリームを塗ることも効果があるとされていますが、ドラッグストアなどで販売されているものを試すよりも、先に皮膚科で診察を受けた方が安心です。なかなかすぐに治るものではないですが、時間をかけてゆっくり改善して楽しい夏を迎えたいですね!
(小原緋紗子)
1

この記事を書いたライター

小原緋紗子
神戸出身のフリーライター。興味が湧けば、とことん追求するタイプ。 食を愛する気持ちが人一倍強いので、美味しいものを食べているときが一番幸せ。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡