日中のそばはNG!? 紫外線からお肌を守るための6つのルール

バーベキューやスポーツ観戦、海など、夏はアウトドアの楽しい予定がたくさん。そんなのとき気になるのが紫外線。しっかりブロックしたいけど、サングラスにアームウォーマー、全身黒ずくめ……ガチの日焼け対策グッズで身を包んでいてはかわいくないし、男性にも引かれてしまうかも?
印象が良く、お肌を紫外線から守るにはどうしたら良いでしょうか?

1.日焼け止めの前に保湿をしっかりしておく


なんといっても日焼け止めを塗ることはマストです。汗でとれてしまったりするので、こまめに塗り直すことが大切です。なかなか外出先で塗り直せないときもあると思います。家では日焼け止めを塗る前のスキンケアとしてしっかり保湿し、肌状態を整えてから塗ることで日焼けを防ぎましょう。

2.飲む日焼け止めや美白系サプリを飲む


日中のそばはNG!? 紫外線からお肌を守るための6つのルールの2枚目の画像

今では“飲む日焼け止め”も存在します。外出する前に飲むことで、日焼け止めの効果が期待できるのです! また、美白効果のあるサプリメントを飲んで、必要なビタミンを補うのもおすすめです。サプリメントなら必要な成分を効率よく摂取できるので、忙しい女性にもぴったりです。体の内側からアプローチして美白を目指しましょう♪

3.日陰を選ぶ


思いっきり遊んでちょっと休憩するときに、休憩する場所もカンカン照りだと、みるみるうちに日焼けしてしまいます。もし木陰やビーチパラソルなど日陰になる場所があれば、場所を確保しておくと良いです。うっかり日焼けをしてしまうことを防げますし、みんなとおしゃべりするなら日陰の方がのんびりできますよね♡

4.日中はそばやオレンジを食べない


そばや柑橘系のフルーツには“ソラレン”という成分が含まれています。ソラレンを摂ると日焼けを加速させてしまう恐れがあります。食べてから8時間で代謝されるので、夜に摂取するようにしましょう。

5.帽子、サングラスを着用


日中のそばはNG!? 紫外線からお肌を守るための6つのルールの1枚目の画像

ガチなサングラスにアームウォーマー、帽子に上着……紫外線を怖がるあまりに全身完全装備で肌を隠してしまってはおしゃれは楽しめない! また、アウトドアのときに日焼けを気にしているのを丸出しにしていると男性も引いてしまうかも。
そんな時は、ファッション性のある帽子や軽く羽織るパーカーなどがモテアイテム♪ かわいく紫外線をブロックしましょう♪

6.ストッキング着用でUVカット


ミニ丈のボトムスを履くときは、UVカット効果のあるストッキングを着用するのもひとつの手です。焼けたくない時はパンツを履くのはもちろんですが、スカートが履きたくなったときはストッキングを活用すると、日焼け止めの塗り直しの手間もカットできて便利です!!

いかがでしたか?
紫外線はお肌の大敵。おしゃれや遊びを楽しみながらお肌を守りましょう♪
(友里)
1

この記事を書いたライター

友里
女の子に役立つ内容をローリエを通して発信していければと思います!  可愛くて魅力的な女性になれるように一緒にがんばりましょう♪

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡