あぁ無理かも… 正直引いちゃうオジサマの言動3選

あぁ無理かも… 正直引いちゃうオジサマの言動3選の1枚目の画像

「年下男性より経験豊富なオジサマのほうが好き」という女性って案外多いですよね。何でもリードしてくれそうで、頼りがいがあるイメージが強いからかもしれません。
でも中には「あぁ……だからこの人結婚できないんだ……」なんて思ってしまうオジサマ言動もある様子。今回はそんな「正直引いちゃうオジサマ言動」についてまとめてみました。

1.SNSで若い子にやたら正論っぽいことを言っている


・「私は学生時代にちょっとだけサロンモデルや読者モデルをやっていたんです。そのためTwitterのアイコンは自分の盛れた写メ、ツイートも撮影でとってもらったデータを載せていたんですが……。フォローしてくれるのはなぜか独身の30代~50代の男性ばかり。しかも私が自分の写メを載せる度に『この写真はもっと角度変えて撮ったほうが良いよ』とか『今は大変なこともあると思うけれど、大人になるにつれて考え方も変わってくるから(笑)』などの謎のリプをよこしてきた。なんでそんな見ず知らずの人にいろいろ説教されなきゃいけないのって思うし、結局はリアルの世界じゃ誰にも相手にしてもらえないんだろうなぁ……なんて思っていました」(20代/アパレル)

SNSでかわいい子をフォローする分には問題はないのかなと思います。ただ「俺は君たちより人生経験を積み重ねてきているから」という上から目線の発言に、女性陣はイラ立ちを感じてしまうようです。

その他にも「お金だけはあるから」などという「大人な自分」をアピールしてくるオジサマにもドン引きしてしまうとの声が。確かに「お金を持っていれば誰でも良い」っていうわけではありませんもんね。

2.マイルールが細かい&強要してくる


・「私、20代の頃に50代前半の男性とお付き合いをしていたことがあるんです(笑)。もちろん彼のことが好きで付き合い始めたんですけど、まぁとにかくマイルールが細かかった。洗濯物のたたみ方から、料理の味付けまで徹底的に指導されました。彼と一緒にいると勉強になることもたくさんあったけれど、3カ月とも持たずに別れてしまいましたね」(30代/事務)

やはり独り身期間が長くなるにつれて、その分マイルールも増えてくるということなのでしょう。オジサマが1人でマイルールを遂行してくれているなら良いですが、女性側にも強要されてしまうとゲンナリしてしまいますよね。もしマイルール強めのオジサマとお付き合いをすることになった場合は、そのあたりのこともじっくり話し合っておきましょう。

3.離婚して一回り成長したアピールが激しい


・「どっちかっていうとバツイチの男性でも大丈夫派の私なんですが、前に知り合った男性の『離婚して成長したアピ』がすごかったんです。たとえば『俺って一回離婚してるからさ~。女の人の気持ちとか結構分かっちゃうんだよね』『この歳(40代)で一回も結婚してない男ってなんか難アリっぽくない? その点俺はバツイチだから人間性は保証するよ~』とか……。言っていることが意味不明だし、そもそもそんなことばかり言っているから離婚することになったんじゃないでしょうか……」(30代/ネイリスト)

時代とともに「バツイチ容認派」の女性は増えてきているようですが、それでも離婚経験を前面に押し出してくる男性には女性も引き気味。ましてや「バツイチ=女の気持ちを理解している」なんて言われても納得できない部分がありますよね。むしろ「あぁ……だから離婚したのね……。納得」という気持ちになってしまうのは当然かも。

もちろんさまざまな事情があって、離婚を経験している男性もいるでしょう。彼がその離婚経験についてどのように感じているのかが、今後の2人を大きく左右するといえそうですね。

オジサマの中には紳士的で頼れるタイプと、オジサマになったからこそ子どもっぽい言動がより一層目立ってしまうタイプの2種類に分けられるのかもしれません。
ぜひオジサマと恋に発展しそうなときがあったら、これらの体験談を参考にしてみてくださいね。
(和)

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡