サイズが合わないダメなブラジャーの見極め方 正しいブラ選びのポイント

下着と肌は、一番触れている時間が長い場所のはずなのに、きちんとサイズチェックをして、しっかり体に合ったものを付けている女子は少数。自分のブラジャーが”体に合っているのかな?”と不安に思ったことがある方も少なくないはず。そこで今回は、下着ショップに勤める筆者が、今すぐできるブラジャーのサイズチェック方法をご紹介します♡ 

今すぐできるブラジャーのサイズチェック方法


自分の体とブラジャーがフィットしているかどうか、気になる方は下記の点をチェックしてみてください!

サイズが合わないダメなブラジャーの見極め方 正しいブラ選びのポイントの1枚目の画像


・肩ひもがずり落ちてくる
・腕をあげるとブラジャーが上がってくる
・ブラジャーの前中心が浮いている
・脇にお肉が食い込んでいる
・背中のお肉が食い込んでいる

上記のうち、ひとつでも当てはまった方は、ブラジャーのサイズが合っていない可能性があり。特に試着をせずに購入している方、数年前に測ったサイズでブラジャーを選んでいる……という方は要注意です! 

どうして正しいサイズのブラジャーを選ぶべきなの?


サイズが合わないブラジャーを着続けると、肩こりや内臓の圧迫、姿勢の悪化など、体に悪い影響が出てくることも。また、体重は同じでも肉付きが変わる、背中やみぞおちに段差ができる、猫背など、体のライン自体にも悪い影響が出てしまいます。バストは体重の増減はもちろん生理前後や精神状態や季節によってもサイズが変わってきます。

ブラジャーの平均寿命は90~100回着用と言われていて、洗濯することで寿命はさらに短くなります。そのため、定期的にお店で測って買い替える習慣をつけましょう。その場で買わなくても、サイズを確認したいと言えば受け付けてくれるお店がほとんどなので、気軽に店員さんに声をかけてみるのも一つの手♪

毎回きちんと測ることで、自分の体の変化に気づくことができます。ぜひ自分の体に興味を持って正しいブラジャーのサイズをチェックしてあげてくださいね♡
(海老原りさ)
1

この記事を書いたライター

海老原りさ
昔体重が58kgあったことで読者と距離が近い青文字系モデルとして活躍。現在は美容に関わる資格を取得しSNSでファッション・美容に関わる情報を発信しています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡