非モテ女子は同級生を狙え やっと彼氏ができた女子の共通点

非モテ女子は同級生を狙え やっと彼氏ができた女子の共通点の1枚目の画像

人は誰でもほっとしたらおしゃべりになるのか、これまでモテなかった女子が「モテないなりに、わたしにやっと彼氏ができたのはこういう理由だった」というお話を聞かせてくれることがあります。

今回は、モテないなりに彼氏ができた女子に共通することについて、ご紹介したいと思います。さっそくみていきましょう!

1.彼氏は同級生


「合コンや飲み会には100回以上参加しましたが、彼氏ができませんでした。やっとできた彼氏は、中学の同級生でして……やっぱり同級生って、最強です」(29歳・営業事務)

同級生のなにがいいって、変に警戒しなくていいところだろうと思います。
飲み会で出会った女子に、男が「ホントにホントに、ウソ偽りなく、君とつきあいたいです」と言ったところで「かわいい女子全員に、同じこと言ってるでしょ?」と切り返す女子であっても、同級生に同じことを言われたら「ホントにホントってことは、ホントなのかな?」と、思っちゃったりしますよね?
「それでも」彼氏を作ろうと思えば、同級生を当たってみては?

2.モテテクを使うことに恥じらいがある


「『モテテクを使わないわたしのことが好きだ』と彼に言われました。テクニックでLINEの返信を遅らせるとか、テクニックで軽く嫉妬してみせるとか、男子ってそういう女子の扱いがめんどくさいんだと言ってました」(27歳・モデル)

たとえばテクニックで軽く嫉妬された場合、男子はどう思うのか? やっぱり多くの男子はめんどくさいと思うと思います。あるいは扱いに困るのでしょう。女子ほど恋愛のことを考えてこなかった男子って、女子特有の「上等な」モテテクをうまく扱えないこともある……これは知っておいて損はないでしょう。
で、以下です。

3.お酒を飲むとボディタッチをしちゃう


「モテテクを使ってこなかったわたしですが、お酒が入ると、しょっちゅうボディタッチをしていたと、彼に言われました」(同上)

きっと無意識のうちにボディタッチをしちゃっていたのだろうと思います。ちょっとお酒が入ると、「彼氏がほしい! とにかくほしい!」という本音がついつい出ちゃう……これも、それでも彼氏ができた女子に共通する「あるある」ではないでしょうか。

4.恋愛意識高い系女子と距離を置いている


「今でも、恋愛に意識が高い系の女子は、同じ女子であってもわたしと別の生き物だと思っています。でも、それでもわたしには彼氏ができたので、このあときっと死ぬまで別の生き物だとわたしは思い続けるのかもしれません」(28歳・歯科衛生士)

取材をしていても、恋愛に意識が高い系の女子と、低い系の女子は、別の生き物だと感じます。若い女子は恋愛に意識が高くてキャピキャピしているはずとか、若いと彼氏くらいいて当たり前という風潮が強いこの世の中ですが、いろんな女子と会っていると「人それぞれ、得意なこと不得意なことがある」と感じます。
テニスが得意な女子もいれば、球技がさっぱりダメな女子もいる……というのと同じことでしょう。
そして、恋愛が得意な女子は、そういう女子ばかりで1つのコミュニティを形成しているし、そうではない女子はそういう女子たちと、1つの村を作っています。
その中間に多くの女子がいるはずですが、まぁ話が長くなるので別の機会にこの話をします。

いかがでしたか?
要するに、どういう女子であっても「それでも」彼氏ができる、ということです。男女ともに「その人が持っている『かんじ』」を、直感で感じ取っています。
「感じのいい人」というのは、いつの時代も自分に無理をしていない人のことです。わたしはモテないほうだと思うのであれば、モテないなりに自分に無理をすることなく好きなように暮らしていると、そのうち「感じのいい人」だと思ってくれた男子が寄ってきてくれます。
誰かが寄ってくるように、ひと夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)
1

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事