恋人でもセフレでもない都合いい相手を求めてしまう理由

"彼女って関係ではなくて、たまに遊んだりセックスする人がいたらいいな"
5200件以上の恋愛相談を受けてきた筆者ですが、そのような考えを持っている男性は案外多いと感じます。

彼女でもなく、完全な割切りのセフレでもない。
ゆるく関係性を維持しながら、遊びや飲みに行ったり、時には体の関係を持つことも……。

一言でいうと「キープ」とか「都合のいい女」と表現するのが適切でしょうか?

今回のコラムでは、男性が都合のいい女を作りたがるその本心についてお伝えします。

恋人でもセフレでもない都合いい相手を求めてしまう理由の1枚目の画像


1.自分が「男として終わってない」ことを自覚できる


・「結婚していますが、たまに(体の関係ありで)会える女性を募集しています。一緒に暮らすと、男女ってただの同居人になってしまうんですよね。非日常で、ドキドキできる相手の存在が恋しくなるんです」(34歳 既婚男性)

実行にうつしているかは別としてこのような意見は案外多く、大多数の既婚男性が持ち合わせている感情といえるでしょう。
特に、子供が生まれると、家庭内から「恋愛的なもの」が消えることが多いもの。ですから、それを外で満たそうとするというわけです。

2.本命との仲がかえってよくなる


・「4年付き合っている彼女がいるんですが、最近、体の関係も含めて遊び始めた相手がいます。たまに会う程度ですが、遊び相手と知り合ったことで、本命の彼女の良さを再確認。付き合い始めた頃より、ラブラブになりました」(28歳男性)

意外なことですが、他の異性を見ることで、本命との仲が深まることは結構あるもの。
このタイプの男性は、常に2人以上の相手をキープしていることがあります。だいたい、本命と真逆のタイプを選ぶことが多いようです。
本命がいる余裕もありますから、それほど努力しなくても、相手ができてしまうことは多いでしょう。

3.性欲を満たしたい


・「ぶっちゃけ、性欲を満たしたいからですね。今は、出会い系で相手を探しています」(26歳男性)

都合のいい女を作りたいという代表的なパターン。
ただ、このテの男性は、性に対する好奇心が一巡したり、体力が落ちてくると、より精神的なものを求めるようになります。

筆者が思うに完璧な「都合のいい女」になりきると、相手にとって「失ったら困る最高に都合の悪い女」になります。
彼が都合のいい女を作った理由を正確に分析し、ニーズに見合う役を演じていけば逆にあなたは彼にとって「とても大切な人」になれることは、間違いありません。

ただ、多くの女性は、そこまで都合の良さを徹底できないことが多いのも事実。
できるだけ、そこまでしなくてもすむように、あなたのことを愛してくれる相手を選ぶことを、強くオススメします。

恋愛は本来、ラクで、女性がよりイキイキするためのものなのですから。
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡