どうして”1日2リットル水を飲むべき”なの? むくみ解消に役立つ水の力

どうして”1日2リットル水を飲むべき”なの? むくみ解消に役立つ水の力の1枚目の画像

よく女優さんやモデルさんが美容のために毎日2リットルの水を飲んでいるという話を聞きますが、水を飲むとそんなにいいことがあるんでしょうか? なかなか意識しないと2リットルもの水を飲むことは難しいですよね。でも、水は人間のカラダにとってとっても大事なものでもあり、キレイなカラダ作りに欠かせないものだったのです! 今回はそんなキレイの秘訣「水」について探ってみたいと思います。

水と人間の密接な関係とは?! 


私たちのカラダは、成人で約60~65パーセントもの水分で満たされています。人間のカラダは100兆個を超える細胞からできていて、この水分の約3分の2が、この細胞内に含まれています。残りの3分の1は、細胞と細胞の間に存在している細胞間液と血液に使われていて、私たちの生命を維持するために働いてくれているのだそう。それだけ水は人間にとって、なくてはならない欠かせないものなのです。

この大切な水分は、ずっと同じ場所に留まっているのではなく、カラダの代謝機能によって少しずつ外に出ています。しかし体内の水分バランスを一定に保たなければカラダは正常に働きません。そこで、新たに水分を食事として取り込みながら一定の水分バランスを保っています。

私たちのカラダは、1日に2〜2.5リットルの水が必要だとされていて、体内の水分が1%が失われただけで「のどが渇いたなぁ」と思うのです。

水とキレイは切っても切れない関係だった!


人間にとって水が大切なのはわかったものの、なぜ女優さんやモデルさんたちはそんなにたくさんの水を飲むことに努めているのでしょうか?

それは、多くの水をとることで、カラダの循環機能が活発になるからです。
水分は腎機能を活発に働かせ、必要分以上の水分が尿として外に排出されます。このときに、尿と一緒に体内に留まっていた老廃物なども外に出ていくため、むくみが解消につながるんです。

さらにダイエットの観点からも、水を飲むと胃液が薄まるために、食欲を抑制効果が期待でき、体型維持に一役買っています。つまり、美容の観点からも水を飲むことはとても大切なことなんですね!

正しい水の飲み方をすればキレイが近づく!


では、どんなふうに飲むと効果的なのでしょうか? 味のない水をたくさん飲むことって、慣れていないと難しいですよね。お茶やコーヒー、ジュースではだめなのでしょうか。

まず、ジュースには糖分や添加物がいっぱい含まれているので、たくさん飲むことはおすすめできません。またお茶やコーヒーにもカフェインが多く含まれているため、大量に飲むのはNG。このことから、カラダが吸収しやすいミネラルウォーターなどの水を飲むのが良いとされているのです。

また、水には「軟水」と「硬水」がありますが、ダイエットを考えている人には、ミネラルがたくさん含まれる硬水が良いとされています。ただ、日本の水は軟水で、硬水に口が慣れてないため、飲みにくいと感じる人もいるかもしれません。日本人には軟水がなじみやすく口当たりもやさしいので、どちらが自分に合っているのか確かめてみてくださいね。温度も常温で飲むことが一番カラダに負担をかけません。

飲み方は、とにかくこまめに飲むことが大切! 一度にたくさん飲むことは、今までの体内の水分バランスを崩してしまうことがあるので、こまめに無理のない程度に飲みましょう。一説には「のどが渇いた」と感じたその時には、すでに体内は脱水状態だといわれています。体内の水分バランスを均一に保つように、のどが渇く前に飲むようにしましょう。

水はペットボトルに入れておけばいつでも水分補給できるので、手軽にできる習慣ではないでしょうか? ついクセで買ってしまうジュースやコーヒーを水に変えるだけで、キレイの近道になるかもしれませんよ!
(キノシタマユコ)

関連記事

今、あなたにオススメ