食事マナーに言葉づかい、男性が意外に見ている女子のNG行動 

食事マナーに言葉づかい、男性が意外に見ている女子のNG行動 の1枚目の画像

いくら見た目をキレイにつくろっていても、ふとした言動からその人のお行儀の悪さが垣間見えてしまうことってありますよね。直接的に注意をしてこない男性であっても、内心「うわ、この子育ち悪すぎない?」と思う瞬間があるようです。
今回は、意外とチェックされている女子の振る舞いについて見てみましょう。

“言葉づかいが悪い”女子は不快感を与える


まずは定番の言葉づかい。「マジで?」「これウマい~」「やばくない?」「キモい!」。こうした、その場のテンションで思わず口をついて出てしまいそうな発言でも、男性のなかには「かなり不快になる」という人も。
普段から言葉づかいには気をつけています、という女子でも、こうした思わぬ瞬間に出てしまう言葉には注意が必要ですね。

公の場所でキャピキャピする


片思いの相手や彼氏と、公の場で会う機会ってありますよね。その場に、相手の知人や会社の同僚、ご家族などが同席している場合もあるでしょう。こうした空間は緊張しがちで、コミュニケーションが苦手な人にとっては苦痛でしかない! という気持ちもよく分かります。

そんなとき、逆にテンションが上がってしまってキャピキャピしてしまいませんか? 自分では空間を盛り上げているつもりでも、相手の男性の目には、パブリックな場所での立ち振る舞いができない「育ちが悪い子」という風に映ることも。緊張しているときほど冷静に。TPOにあったオトナの振る舞いを心がけましょう。

お寿司のしゃりを残す


しばしばネットでも炎上しがちなことといえば、食事のマナーに関する問題です。代表的なものといえば、
・お箸の持ち方が間違っている
・ナイフとフォークのマナーが間違っている
・口を開けてクチャクチャ食べる
・口の中に詰め込み過ぎ! ハム太郎状態でもぐもぐ……
・ひじをついて食べる

など、たくさんあります。これに加えて、男性をドン引きさせてしまうものといえば、お寿司の食べ方。「しゃり(=寿司飯)」の部分をすべて残して、上に乗っている「タネ(=寿司種)」の部分だけを食べる女子っていますよね。

いくら「ダイエットをしているから」とはいえ、お寿司を食べるというシチュエーションを台無しにする「育ちが悪い」行為と思われても仕方ありません。タネだけ食べたいなら海鮮居酒屋にでも行けばよろしい!

“姿勢の悪さ”は、だらしない印象を与える


悪い印象を与えてしまいがちなものといえば、「姿勢」です。立ち方や座り方は習慣化してしまいがちなため、なかなか自分の姿勢の悪さは気がつかないものです。よっぽど気心がしれた相手でないかぎり、なかなか「姿勢悪いよ」と注意してくれないので、余計に気づかないんですよね。

しかし、食事中に机にひじをついたり、カフェでだらだらと背もたれに寄りかかったりすると、だらしない印象を与えてしまいますので要注意。

人の家をジロジロと物色する


また人の家をジロジロと眺めたり、「へぇ~こんな感じなんだぁ」と物色する行為もNG 。彼氏や男友達のお宅におじゃました際、こんな風にジロジロ眺めて余計なコメントをしたりしていませんか? こんな失礼な行為をしていたら、さすがに相手の男性に「この子、育ち悪いな」と思われてしまいます。思ったことはすべて口にする必要はないのです。

以上、気づかないうちにやってしまいそうな行動の数々ですが、意外と男性はチェックしているポイントです。意中の相手をがっかりさせないためにも、日頃から意識したいものです。
(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡