なりたい髪質を手に入れるシャンプー選びのコツ


シャンプーはどんな基準で選んでいますか? ヘアサロンでは、現在の髪質やなりたいスタイルに合わせて、髪の質感を調整するためにシャンプーの種類を変えることがあります。美容師にとって、シャンプーは単なる髪を洗うだけのものではなく、髪のボリュームや質感を調整させるために重要なアイテムなんです。

最近は、市販でもノンシリコンシャンプー、生シャンプー、オイルシャンプー、オーガニックシャンプー……などと、本当に多くの種類のシャンプーが売られていますが、みなさんは何を基準に選んでいますか? 
もちろん、香りやパッケージのかわいさも大切ですが、なりたい質感によってシャンプーを選ぶと、セルフスタイリングがグッと楽になりますよ!

今回は、質感に合わせたシャンプーの選び方をご紹介します!

知っておきたい“ノンシリコン”の意味


最近よくパッケージに表示されている「ノンシリコン」とは一体なんでしょうか。
ノンシリコンということはシリコンが入っていないという意味なのですが、シリコンという物質は、シリコンオイルといって、髪や肌に薄い膜を張って傷んだ髪のキューティクルや切れ毛をコーティングし、指通りの良い髪質へと導いてくれる役割があります。

それなのに、シリコンが入っていない方がよいとされるのは、頭皮やその他の皮膚への付着があるからです。お風呂でシャンプーをすると、どうしても頭皮以外の皮膚にもシャンプーの成分がついてしまいますよね。コーティング力の強いシリコンが皮膚の毛穴をふさいでしまうと、皮膚トラブルを起こす原因になってしまいます。

しかし一概にシリコンが悪いわけではありません。なるべく髪の毛以外につけないように気をつければ、むしろダメージが気になる人には必要だという意見もあります。

では一体どんなシャンプーがいいの?


まずは今の髪質からどんな風になりたいのかを考えてみましょう。
たとえば、もともと広がりやすく量も多い髪質の人が、しっとりと収まりのよい感じにしたいなら、キーワードは「オイル」です。

EDITOR

キノシタマユコ
美容師、広告プランニングを経てフリーライターに。現在は、情報誌やWEB媒体でさまざまなジャンルを執筆している

関連記事

今、あなたにオススメ