朝のコーヒーは冷え性女子に大敵 代謝を上げる飲み方は?

朝のコーヒーは冷え性女子に大敵 代謝を上げる飲み方は?の1枚目の画像

目覚めのモーニングコーヒーは大変おいしく感じるもの。
ところが、朝一番のコーヒーは基礎代謝の低下の原因になります。ダイエットを成功させるためには、コーヒーはお昼まで待つのがポイントです。

朝のコーヒーは目が覚めておいしいものですが、からだは冷えてしまいます!


目覚めて飲む、今日はじめての飲み物。それはコーヒーと言う方も多いことでしょう。コーヒーが朝のぼんやりとした頭を覚ましてくれるのは、覚醒作用のある「カフェイン」が含まれているからです。

しかしカフェインは覚醒作用のほかにも、「利尿作用」や「交感神経への刺激」といった影響をからだに及ぼします。この2つの作用が実は冷えの原因に!
利尿作用によって必要以上に水分を排出することでからだの熱が奪われてしまいます。さらに交換神経への刺激は自律神経の乱れを引き起こし、血行不良を起こす可能性も。

摂取量によっても影響度は異なりますが、コーヒー好きは要注意。
朝一番にコーヒー飲むと、目は覚めても、からだはひんやりと冷えてしまうのです。

目を覚ますなら、ストレッチやヨガで。血流も上がり、からだにこころよいスイッチが!


そこで、目を覚ますためにはコーヒーよりも、からだを動かすほうが断然おすすめです。ゆっくりと布団の中で伸びをしたら起きたてのからだを少しずつほぐしてあげましょう。ゆるいストレッチやヨガを数分も行えば全身に気持ちよく血がめぐり、無理なく目を覚ますことができます。

さらに深呼吸をすれば、からだの中に新鮮な空気が送り込まれることで、全身にエネルギーが満ち、気持ちまでもシャキッと元気になります。
わずか数分でもいいので実践しましょう。からだにこころよいスイッチが入ります!

代謝アップを狙うなら、朝一番の飲み物は冷え取り効果のあるお茶で!


からだにスイッチを入れたら、次は飲み物です。冷え取り効果のあるお茶で、さらにからだをあたためていけば万全です!
おなじみのしょうが紅茶はもちろん、ほうじ茶、黒豆茶、どくだみ茶といったものも血行を改善し、冷えを取り、代謝を上げる効果があります。また、からだをあたためる根菜から作ったごぼう茶もおすすめです。
お好みに合わせていくつかストックしておき、その日の気分で楽しめば1日のエンジンのかかり方もぐっと違ってきます。
そしておいしいコーヒーはランチタイムまで待ちましょう。

毎日のこうした心がけで自然に代謝のいい痩せ体質になれます。本当にちょっとした、ささやかなことで、からだは変えられるのです。
朝はからだも心もあたためるのが正解! しっかり熱を生み出して、代謝を上げるとともにテンションも上げ、元気に1日をはじめましょう。
(ユウコ)

この記事を書いたライター

ユウコ
「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて執筆中

関連記事

今、あなたにオススメ