夏じゅう無料で“ピクニックヨガ”が楽しめる♡ ガーデンプレイスで開催されるイベントをチェック

ヨガに興味はあるけれど未経験という人、すでに取り組んでいるという人にも朗報! 8月1日〜26日の期間、恵比寿ガーデンプレイスでは夏恒例の“恵比寿ガーデンピクニック”の一環として、毎週月・水・木曜、全13回にも渡る無料の野外ヨガイベントが開催されます。

全13回すべて無料! 恵比寿ガーデンプレイスの野外ヨガイベント


昨年開催時の様子
昨年開催時の様子

期間中、センター広場には人工芝が敷かれており、先着50名にはヨガマットも無料で貸し出しされています。急に行きたくなったときでも安心ですね。金曜の朝クラスでは、シェイプアップ効果も期待できるコナミスポーツクラブオリジナルの「ビランクスヨーガ」を体験できるほか、8月18日の夜クラスでは、月に一度の「満月ヨガ」も楽しめます。

恵比寿ガーデンピクニック “ピクニックヨガ”
会場:恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿4-61-1)
参加費:無料(受付はお早めに!)
※荒天中止。当日の情報は公式Facebook等で確認を!

【日時詳細】
2016年8月1日(月)夜19:00~20:00
2016年8月3日(水)夜19:00~20:00
2016年8月5日(金)朝7:30~8:30(ビランクスヨーガ)
2016年8月8日(月)夜19:00~20:00
2016年8月10日(水)夜19:00~20:00
2016年8月15日(月)夜19:00~20:00
2016年8月17日(水)夜19:00~20:00
2016年8月18日(木)夜19:00~20:00(満月ヨガ)
2016年8月19日(金)朝7:30~8:30(ビランクスヨーガ)
2016年8月22日(月)夜19:00~20:00
2016年8月24日(水)夜19:00~20:00
2016年8月26日(金)朝7:30~8:30(ビランクスヨーガ)/ 夜19:00~20:00
YEBISU GARDEN PLACE



自然の風を感じながらヨガを楽しめる、夏ならではのイベント。タイミングの合う日に参加してみて、ハマったら夏じゅう通っちゃうのもアリかもしれません!(笑)

“ヨガの魅力”がもっとわかる、ドキュメンタリー映画も!


そしてこの秋には、ヨガの魅力や本質に迫るドキュメンタリー映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う』が公開になります。

夏じゅう無料で“ピクニックヨガ”が楽しめる♡ ガーデンプレイスで開催されるイベントをチェックの2枚目の画像

ヨガは単なる運動ではない。運動をすると疲労を感じるが、ヨガをすると元気になる。弱っている人や体力のない人でも、練習すれば誰しも完璧にできるようになる。「集中力」が増し、心と体のコントロールができるようになるだけでなく、長い人生の生き方に関する気づきも得られる。

これは現代ヨガの源流を作ったとされるクリシュナマチュリアの弟子たちが作中で語っている、ヨガの本質的な魅力です。今やヨガ人口は世界で3億人とも言われており、国も人種も超えて、多くの人々が取り組んでいます。これほどまで人気になったのは、上記のような「誰でも取り組めて、心も体も元気になる」という魅力があるからだろうと著者も思います。

しかし実は100年ほど前までは、発祥の地インドでもヨガは少数の僧侶や年配者の間でしか広まっておらず、マイノリティーな存在だったそうです。「曲芸の一種では?」「病気の人が取り組むもの」という偏見を持たれたり、兵士が素早く動けるようになる“武術”として価値を買われたりしていた時期もあったのだとか……。

ヨガが持つ深い哲学や心身にもたらす効果に気づき、“現代ヨガ”として確立したのは一体どんな人物なのか。ヨガを世界じゅうに広めた弟子たちとの繋がりは? 彼らはどうヨガを発展させていったのか――。

映画では、ヨガに興味を持ったドイツ人監督が、それぞれに高名な弟子たちやクシュなマチュリアの子どもたちに丁寧なインタビューを行っています。ヨガの魅力が理解できるのはもちろん、南インドの美しい風景や貴重な過去の記録映像も見どころです。

ヨガは単なるスポーツではない、”一生モノの心身メンテナンス術”だと知り、著者も鑑賞後は「一時のブームではなく、長く日常に取り入れていきたいな」と改めて思った次第です。『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』は2016年9月3日(土)YEBISU GARDEN CINEMA、9月10日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開です。
(外山ゆひら)

映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』
(2011年/ドイツ、インド/105分/カラー、モノクロ/英語、カンナダ語、テルグ語、タミル語/原題:Breath of the Gods)
監督:ヤン・シュミット=ガレ
出演:T.クリシュナマチャリアの子供たち、K.パタビジョイス、B.K.S.アイアンガー
字幕監修:ケン・ハラクマ
配給・宣伝:アップリンク

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡