マツエクをすぐにダメにしてしまう習慣って? 長期間キレイにキープするお手入れ術

マツエクをすぐにダメにしてしまう習慣って? 長期間キレイにキープするお手入れ術の1枚目の画像

メイクの時間も大幅に短縮できて、しかも常に目がぱっちり。「マツエク」ってとっても優れものですよね。
マツエクは付けてから約3週間~1カ月ほどでリペアが必要となりますが、きちんとお手入れをしていますか? マツエクを手入れするだけで、キレイなまつげをキープできるんです! 今回はマツエクを長持ちさせるためのポイントをご紹介します。

無意識にマツエク“こすってない”?


マツエクが取れてしまう一番の原因が“こすってしまう”ことです。「気にしているよ!」と思っている方も多いかもしれませんが、眠い時や目がかゆい時など、意外と“無意識”に目をこすってしまっていたります。
ついつい、気になって触ってしまう方も常に注意することを心がけましょう!

マツエクをとかす!


マツエクはグル―(接着剤)で接着しているので、絡まりやすくなっています。なので、毛の流れにそってとかしてあげましょう。時間がたつとだんだんマツエクがバラバラな方向に向いてしまう方は、とかしてあげるだけで、きちんとそろい、マツエクも長持ちするんです!

マツエクは水が嫌い!


グル―(接着剤)を長時間、水につけてしまうと取れやすくなってしまいます。そのため、海やプール、お風呂あがりなどには、必ずマツエクを乾かしましょう! 髪を乾かすついでに、冷風のドライヤーを2~3分あてればOKです。

クレンジング以外にも、“油分”はマツエクの大敵!


マツエクの最大の弱点、それは“油分”! グル―(接着剤)は油分にとても弱いのです。
マツエクを付け終わったあと、「オイルのクレンジングを避けてください」と店員さんに大体の人が言われると思いますが、意外と忘れがちなのが、“乳液”などの保湿クリームの油分。
乳液などの保湿クリームには油分が含まれていますので、お肌をケアする時は、マツエクに付かないように気をつけましょう。

また、手にも油分はたくさん付いています。油分の付いた手でマツエクを触ってしまうと取れやすくなってしまいます。“こすらない”と同様にまつげを手で触わらないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
いつも、「マツエクの持ちが悪いなあ」と思っている方は
マツエクのNG行動をしているかもしれません!
(Momoko)

この記事を書いたライター

momoko
フリーライター。好きなものは、インコ、猫、お酒、料理、コーヒー、散歩、服、食べること、寝ること

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡